このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ARならDJIドローンを室内で飛ばせる!? MOVERIO用操作練習アプリが登場!

2018年03月30日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DJIドローンとの組み合わせで注目を集める「MOVERIO BT-300」

 エプソンの「MOVERIO BT-300」はメガネ型のスマートグラスで、装着すると目の前に映像が浮かび上がる。そんな「MOVERIO BT-300」の特長を活かした利用法として注目されているのが、ドローンとの組み合わせだ。

エプソン「MOVERIO」(モベリオ)シリーズ最新モデル「MOVERIO BT-300」。ヘッドセット部分は、サイズ約191×178×25mm、重量約69gと軽量でコンパクト。付属コントローラーの重量は約129gで、5インチクラスのスマートフォン程度の重さだ

 「MOVERIO」シリーズのポイントは、メガネのようにシースルーのグラスの一部に映像が表示され、現実とディスプレイの映像を同時に見られる点にある。しかも「MOVERIO BT-300」では、新たにシリコンOLEDディスプレイを採用し、明るさが大幅に向上。屋外でも映像の視認性が大きく改善されている。このシースルーであることと、明るさが向上し映像をより見やすくなったことのふたつが、特にドローンの撮影動画の確認に適しているのだ。DJIがリリースしているMOVERIO用アプリを利用することで、ドローンを肉眼で見ながら操縦すると同時に、ドローン搭載のカメラで撮影している映像を「MOVERIO BT-300」上で確認できる。

「DJI GO」アプリ画面の利用イメージ。ドローンのカメラ映像や操作情報などが表示される
       
「MOVERIO BT-300」「MOVERIO BT-350」を利用したドローン操縦のイメージ動画。シリコンOLEDディスプレイにより映像を視認しやすくなったため、ドローンのカメラ映像を介して救助が必要な人を捜索するといった内容が盛り込まれている

 一般的に、ドローンは機体を目視しながらの操縦が求められる。一部目視外飛行が認められる場合もあるものの、基本的には安全性の観点から視界に入った状態で操作をすることが必要だ。そうした場合、ドローンを視界に収めながら操縦するには、コントローラー側のスマートフォンの情報が見られないという問題が起きる。「空中のドローンを見る」、「手元のコントローラーに装着したスマートフォンを見る」という動作を繰り返す必要が出てきてしまうわけで、この点はプロのドローン操縦者にも負担になっているようだ。

 これに対して「MOVERIO BT-300」の場合は、視線の先の画面にドローンのカメラの映像や操作情報などが表示されている状態になる。同時に、シースルーのガラスの先にドローンが実際に見えるため、コントローラーとドローンで視線を行き来させる必要がない。「MOVERIO BT-300」+DJIドローンの場合、ドローンアプリの画面越しにドローン実機が見えるため、操縦者の負担が少ないというわけだ。

「MOVERIO BT-300」を装着している操縦者は、アプリ画面と、シースルーのグラスの先にドローンが実際に見えている状態となる

DJIが「MOVERIO BT-300」用ドローンアプリを無償配布中

 DJIといえば、今や高機能なドローンでおなじみのメーカーだ。そのDJIが、MOVERIO用のドローン操縦アプリ計2本を配布しており、MOVERIO用アプリマーケット「MOVERIO Apps Market」で手軽にダウンロードおよびインストールできる。そのひとつが「DJIGO 4 --For drones since P4」で、もうひとつが「DJI GO--For products before P4」だ。さらに、モベリオ用にカスタマイズしたバージョンも予定しているということなので、期待したい。

MOVERIO用アプリマーケット「MOVERIO Apps Market」。MOVERIOユーザーなら誰でも利用できる

「Mavic Pro」「Phantom 4 Pro」「Inspire 2」に対応
「DJIGO 4 --For drones since P4」

 「DJIGO 4 --For drones since P4」は、「Mavic Pro」「Phantom 4 Pro」「Inspire 2」などDJI製の最新ドローンと接続して利用するためのアプリ。ドローンからの映像に加えて地図表示、バッテリー残量、電波状況、速度など、さまざまな情報が表示される。ドローンのコントローラーと「MOVERIO BT-300」をUSBケーブルで接続し、「MOVERIO BT-300」上に表示された画面を見ながらコントロールすることになる。ドローンを目視しながら操作できるので、航空法における目視外飛行に該当しない点が大きなメリットとなっている。

「DJIGO 4 --For drones since P4」

前へ 1 2 次へ

『MOVERIO BT-300』のすべてを紹介!