このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII 春のベストセレクション 2018第5回

プレゼンやMTGで定番の高性能マシンがユーザビリティーも獲得

会議でも遊びでも高評価なAndroidモバイルプロジェクターQUMI Q38レビュー

2018年03月23日 11時00分更新

文● 二瓶 朗 撮影●篠原孝志(パシャ) 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プロジェクター、動画配信、スマートスピーカーで何ができる?

実験! スマートスピーカーとQUMI Q38を組み合わせてみた

 QUMI Q38を試用して動画などを観ているうちに、『もっと快適に、より怠惰に操作できないものか……』という考えが頭をもたげた。そして筆者宅にあるデバイスで、ちょっとした遠隔ムービー再生環境を整えてみようと思い立ったのでさっそく実験。

 QUMI Q38以外に用意したのは、Fire TV StickとAmazon echoだ。Amazonをそこそこ頻繁に利用する筆者はご多分に漏れずAmazon Primeに入会しているのだが、その会員特典の1つであるプライムビデオもよく利用している。またスマートスピーカーを試してみようと思ったとき、ちょうど招待制販売に当選(?)したのでAmazon echoを素直に購入した。

今回実験した「遠隔ムービー再生環境」に使用したデバイス。QUMI Q38のほか、「Fire TV Stick」とそのリモコン、そして「Amazon echo」

 普段、Fire TV StickはリビングのTVに接続され、またAmazon echoもリビングの棚に置かれそれぞれ利用しているが、QUMI Q38を試用しているうちに、これらを組み合わせて使う手段を思いついたのだ。

 まず、QUMI Q38はここでは投映役に徹してもらう。入力ソースをHDMIにして、HDMIポートにはFire TV Stickをセット。当然ながらFire TV Stickの映像が投映されることになる。このとき、当然ながらQUMI Q38はバッテリー駆動させても構わないが、Fire TV Stickは駆動に電源が必要なので、付属のACアダプターで電力を供給しても構わないだろう。

 次に、Fire TV StickとAmazon echoをBluetoothでペアリング接続する。と、Fire TV Stickの音声がAmazon echoから再生されることになる。前述しているが、QUMI Q38にも内蔵スピーカーが搭載されているものの、映像作品を見る場合には若干力不足なのは否めない。そこで、Fire TV Stickで再生している動画の音声を、ワイヤレスでAmazon echoで再生するのだ。評価は人それぞれだろうが、Amazon echoのスピーカー音質はそれなりに良質。

 さらに、両者をBluetoothでペアリングすることでもう1つメリットが生じる。それはAmazon echoの音声アシスタント・Alexa(アレクサ)を経由して、Fire TV Stickを音声で操作できるのだ! ……といっても、現時点で日本語版のAlexaではそれほど多くの音声操作がサポートされているわけでもなく、停止や音量上下などに限られている。だから今のところは飛び道具扱いだ。

実験成功! 再生まではFire TVのリモコンが必要だが、それ以降は音声で話しかけるだけで再生中の動画を操作できるようになった。どんどん怠惰になっていく……

 ともかく、これで遠隔操作によるQUMI Q38のムービー鑑賞環境が整った。Amazonプライムビデオでタイトルを選択して再生を開始するまではFire TV Stickのリモコンを使わざるを得ないが、再生さえ始まってしまえば、こっちのものだ。

 なお最新の英語版Alexaでは、プライムビデオ内の動画タイトルを検索できたり、Fire TVにインストールされているほかのサードパーティアプリ(Netflixなど)の起動や操作も可能らしい。日本語版での機能拡充をぜひ期待したいところだ。

“欲しくなる”新定番モバイルプロジェクター

QUMI Q38はオンでもオフでも役立つ、頼もしいガジェットだ!

 このような感じで、QUMI Q38は「スマートモバイルプロジェクター」とでも言える活用ができそうな雰囲気だ。

 モバイルプロジェクターとして最大限のスペックとユーザービリティーでマジメなビジネス用途で活躍する一方、ガジェット好きに刺さる遊び心をも備えた1台に仕上がっている。

 また、プロジェクターでありながらその実、Androidマシンであるというところにも心が動かされると同時に、今後のQUMIシリーズの発展が期待できる。個人的にはeSIMなんかを内蔵した真の単体投映プロジェクターが爆誕したりするとうれしい。

 プレゼンやミーティング時の相棒として、個人や部署単位で購入するのもいいだろうし、ちょっと変わったAndroidマシンとして動画を楽しみながらいじり回すのもいいだろう。QUMI Q38は、仕事と遊びどちらでも「欲しくなる」モバイルプロジェクターであることに間違いない!!

(提供:アドトロンテクノロジー)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン