このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII 春のベストセレクション 2018第5回

プレゼンやMTGで定番の高性能マシンがユーザビリティーも獲得

会議でも遊びでも高評価なAndroidモバイルプロジェクターQUMI Q38レビュー

2018年03月23日 11時00分更新

文● 二瓶 朗 撮影●篠原孝志(パシャ) 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
働き方改革でも役立つモバイルプロジェクターQUMI Q38。スマートスピーカーと組み合わせればオフでも大活躍!

日本のオフィスの鉄板モバイルプロジェクターが
Androidマシンになって帰ってきた!

 2011年の日本上陸以来、モバイルプロジェクターの定番製品として君臨してきたQUMIシリーズ。少人数MTGの強い味方として、ビジネスの現場で重宝されている。QUMIのヒットに触発されてか、ここ数年はモバイルプロジェクターの性能アップも著しく、社会人としてはうれしい限り。

 そんななか登場した最新型のQUMI Q38は、スペックはもちろんのこと、新たな魅力を携えてやってきた。今度のQUMIはAndroidマシンだ!

本体上面の操作パネルはタッチセンサー式で触れるだけで各種操作が可能

基本性能が凄い! 単行本サイズで746g、フルHDで600ルーメン

 まずそのサイズに注目したい。モバイルプロジェクターの旗手だけあってじつにコンパクトだ。サイズは幅188mm×奥行き118mm×高さ34mm。ハードカバーのビジネス書(四六判)より一回りほど小さいサイズで、重量も746gと800gを切ってきた。ビジネスバッグにスルリと忍ばせて持ち運びするのに支障ないサイズ感といえるだろう。なお別売だが、折り畳み式の簡易スクリーン「QUMIスマートスクリーン」が発売されている。

ハードカバーのビジネス書よりも一回り小さい
本体重量は746g

 コンパクトだからといってプロジェクターとしての機能をおろそかにはしていない。投映解像度はフルHD(1920×1080ドット)で、輝度600ルーメンのLED光源を搭載。高コントラスト1万:1を誇り、クッキリハッキリ、明暗のメリハリの効いた絵が見られる。

 また、スローレシオが1.2と、従来モデルよりも短い投映距離を実現。最短50cmの距離で約19インチ、最大は3.5mの距離で130インチの投映が可能となっている。ちなみにLED光源は低消費電力な上、その寿命は約3万時間とされ、ほぼメンテナンスフリーかつランニングコスト削減に貢献する。

本体前面。10000:1の高コントラスト、スローレシオ1.2の短距離投映を可能とする投映部。レンズは左右に動くカバーで保護できる
本体背面。右から電源ボタン、ACアダプターコネクタ、オーディオアウトコネクタ、microSDスロット、USBポート×2、HDMIポートと並ぶ。黒い窓はリモコン受光部
本体底面。キックスタンドと三脚取付ネジ穴がある
投映距離と画面サイズの表。この表外となるが、最短50cmで19インチ、最長3.5mで130インチという投映も可能だ

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン