このページの本文へ

本体からやや離れたところでもサテライト機でWi-Fiを拡張/有線LANも利用

ネットギア、小規模オフィス・店舗向けトライバンドのビジネスWi-Fi「Orbi Pro」

2018年03月14日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Orbi Pro」

 ネットギアジャパンは3月14日、簡単にWi-FiやLANを構築できるトライバンドのビジネスWi-Fiシステム「Orbi Pro」を発表。3月16日に発売する。

 店舗や小規模オフィスなどで簡単にWi-Fiの中継や有線LANが利用できるWi-Fiシステム。インターネット接続用のルーター、スイッチングハブ、無線アクセスポイント、中継器の機能がワンセットになっており、親機となる「SRK60」とサテライト端末「SRS60」で構成される。親機をWANに接続しておけば子機の電源を入れるだけでWi-Fiエリアの拡張や有線LANが利用できる。

 SRK60はWANポート×1とLANポート×3を装備、SRS60はLANポート×4を装備。トライバンド対応のほか、Wave 2/MU-MIMOにも対応。SRK60/SRS60ともに同形状で、サイズはおよそ幅174×奥行き85×高さ247mm、重量はおよそ930g。価格はSRK60が12万9600円、SRS60が6万8040円。

カテゴリートップへ