このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

21.5型ディスプレーを一緒に購入しても10万円以下、およそ幅96mmで設置しやすい

新生活の前にPC買った? 8万円台Office付きスリム型PCが高コスパでいいよ

2018年03月22日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iiyama PCの「SOLUTION-S037-i3-UH Office SET」は、Office Professional Premiumが標準で付属して価格は8万2036円。オプションで選択できるウルトラスリムラインの21.5型ディスプレー「iiyama ProLite XU2290HS」と合わせて購入しても9万9079円と10万円以下で購入できる

 もうすぐ新年度。大学生になる、社会人1年目という人は、新居を探したりスーツを購入したりと、新しい生活の準備の真っ最中、もしくは終わったくらいだろうか。これから迎える新しい生活に思いをはせていると思うが、1つ新生活を迎えるうえで重要な要素を忘れてはいないだろうか。それはパソコンである。

 「パソコンなんて大学にあるものを使うし、スマートフォンやタブレットで十分だし」「会社から支給されたパソコンを使うし」という人もいるかとは思うが、大学の課題やレポートの作成をスマートフォンやタブレットで作成しようとすると結構大変。また、会社のパソコンは持ち出し厳禁だけど、仕事が残っていて自宅でも作業しなくてはいけないときが来るかもしれない。

 大学のレポートや会社の書類作成などで必要になってくるのが、Officeソフト。Officeソフトが入ったパソコンが自宅にあれば、家で作業しなくては! というときに困らなくて済むのだ。

 Officeには、使用できるソフトの数が異なる数種類が用意されている。中でもオススメなのがOffice Premiumエディションで、主に「Office Personal Premium」「Office Home & Business Premium」「Office Professional Premium」の3つ。使用できるソフトはそれぞれ以下の通り。

Officeの種類と使えるソフト
Officeソフト Word Excel Outlook PwerPoint OneNote Access Publisher Office 365
Office Personal Premium
Office Home & Business Premium
Office Professional Premium

 大学の課題やレポートを作成するだけであれば、文章作成が主な用途の「Word」、表作成などに使用する「Excel」、メールソフト「Outlook」が利用可能なOffice Personal Premiumで十分だろう。ただし、大学や会社でプレゼンなどがある場合は、PowerPointが使えるOffice Home & Business Premiumを選択したほうがいいだろう。

どんなパソコンを買っていいかわからないという人はOfficeがセットになったスリム型パソコンがオススメ、ディスプレー追加しても10万円以下

 ただ、どれくらいのスペックがあればOfficeソフトが快適に動くのかよくわからないという人もいるだろう。そこでオススメなのが、ユニットコムのウェブ通販サイト「パソコン工房」で販売中のOfficeセットモデル。パソコンと別にOfficeを購入する必要がなく、届いたその日からOfficeソフトが利用できる。

Office Personal Premiumがセットになったスリム型パソコンの「SOLUTION-S037-i3-UH Office SET」

 そんなOfficeセットモデルの中から今回試用したのは、iiyama PC「SOLUTION∞」のスリム型のデスクトップパソコン「SOLUTION-S037-i3-UH Office SET」。8万2036円から購入できるリーズナブルな価格ながら、Office Personal Premiumが標準で付属している。また、オプションで追加できる狭額ベゼルのフルHD21.5型ディスプレー「iiyama ProLite XU2290HS」と合わせて購入しても、9万9079円と10万円以下で購入可能。法人税対策(少額の減価償却資産)にもなる。

Office Personal Premiumのプロダクトキーが書かれたパッケージ

 もしPowerPointを使いたいという人は、購入時のカスタマイズページで、プラス4000円でOffice Home & Business Premiumに変更できる。また、バージョン固定により複数のパソコンでファイルを共有する際にファイル互換性が維持できるOffice 2016も選択可能なので、ビジネスメインで使う際はこちらを選ぶのもありだろう。

 SOLUTION-S037-i3-UH Office SETには、最初からWordやExcelなどのソフトはプリインストールされている。いずれか1つを起動して、付属しているプロダクトキーを入力、Microsoft アカウントを作成orサインインすれば、ライセンス認証とOffice 365サービスの有効化が実施される。これが完了して使用許諾契約書の確認をすれば、Officeソフトが使えるようになる。あらかじめソフトが入っているため、最初からインストールをはじめなくていいのは楽だ。

この画面でプロダクトキーを入力
マイクロソフトアカウントを入力
試用機の主なスペック
製品名 SOLUTION-S037-i3-UH Office SET
CPU Core i3-8100 プロセッサー (3.6GHz/4コア/4スレッド/TDP65W)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 630
メモリー 4GB
ストレージ 1TB HDD
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×6、USB 2.0×4、DVI-D端子、DisplayPort、アナログ8chサウンド、PS/2コネクター、S/PDIF端子、有線LAN端子など
電源 300W 80PLUS GOLD認証 TFX電源
サイズ およそ幅96×奥行402×高さ330mm
Office Office Personal Premium
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 次へ