このページの本文へ

タニタカフェ有楽町店が5月下旬オープン

2018年03月09日 16時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タニタは3月8日、 健康的な食を提供する「タニタ食堂」に続き、新業態「タニタカフェ」を本格展開すると発表した。5月下旬に、都内1号店「タニタカフェ有楽町店」をJR有楽町駅構内のルミネストリート内にオープンする。

「タニタカフェ有楽町店」の完成予想図(イメージ)

 楽しさや心地よさといった「こころの健康づくり」につながるエッセンスをふんだんに採り入れた新しいスタイルのコンセプトカフェ。20代〜30代の女性をメインターゲットに、旬の有機野菜をたっぷりと使用したオリジナルメニューを提供する。また、「日々の暮らしの中で、自然と健やかになっていく」新しいカフェの楽しみ方を提案するという。

食感にこだわった「噛む」スムージー「カムージー」

 タニタカフェの特徴の1つが「楽しくておいしいヘルシーメニュー」をコンセプトとしたオリジナルメニュー。メニューの検討にあたり、味わいが豊かな旬の有機野菜に着目したという。野菜を1品あたり7〜8種類と豊富に使った「有機野菜ともち麦のサラダボウル」や「有機野菜と和だしの米麺(フォー)」など、有機野菜のおいしさを引き出すメニューを開発。そのほか、一汁三菜のワンプレートランチやスイーツの提供も予定。

 ドリンクメニューは、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸を通常のコーヒーの約2倍含むタニタオリジナルのブレンドコーヒー「タニタコーヒー プレミアムブレンド」を中心に、食感にこだわった「噛む」スムージー「カムージー」などを提供。

 いずれのメニューもヘルシーなだけでなく、流行のカフェメニューをタニタ食堂のメソッドでアレンジ。カロリーや塩分などは、タニタ食堂の基準にとらわれることなく、おいしさや楽しさに重きを置いた。旬の有機野菜のおいしさを楽しみながら、1日に必要な野菜量を摂りやすくするよう工夫したという。

 店内は木目調などのナチュラルなデザインを採用。落ち着いた照明やヒーリング効果のある音楽やアロマなどで、交感神経に働きかけてリラックスをうながす。そのほか、タニタの通信機能を持つ活動量計をポイントカードとし、歩数に応じて特典が受けられるポイントサービスを有楽町店の開店と同時にスタートする。

野菜を楽しくおいしく食べられる「有機野菜ともち麦のサラダボウル」

 メニューの提供は、楽天と食分野で提携。農業事業「Rakuten Ragri」に参画する生産者から直送された旬の有機野菜を使ったサラダやフォーやスムージーなど、ヘルシーとトレンドを兼ね備えたオリジナルメニューを提供する。

 Rakuten Ragriの有機野菜は、無農薬や無化学肥料の農法にこだわり、有機JAS認定を取得。カット野菜についても同様に「有機JAS認定」の基準に則った洗浄方法を採用。有機野菜の加工や流通にも取り組んだ。旬の有機野菜が持つおいしさはもちろんのこと、取り組みや品質管理の高さに着目したという。今後、タニタと楽天は有機野菜を使ったカップサラダなどを共同で開発し、タニタカフェの店頭やスーパーマーケット、インターネットなどで販売していく計画とのこと。

 今後、タニタカフェをタニタ食堂と並ぶ食事業の柱に据え、フランチャイズだけではなく、小売店や飲食店、セレクトショップ、スポーツジム、クリニックなどに併設する店舗を展開。2022年度までに全国に100店舗を展開していく計画だという。また、オフィス向けコーヒーサービスの提供にも取り組んでいく予定。さまざまな層の生活者が実践しやすい多様な「健康的な食習慣」を提案し、国が掲げる「健康寿命の延伸」に寄与していきたいとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!