このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

消費電力が抑えられ公称8時間駆動とバッテリーもやや長持ち

「Swift 5」は1キロ切りと14インチ最軽量クラスで16万円台とリーズナブル!

2018年03月08日 11時30分更新

文● 宮崎真一 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大多数の人にとって、ノートPCの購入理由は、大きく分けて2つではないだろうか。ひとつはデスクトップPCの代わりとしてノートPCを利用するというもの。そうした需要には、ゲーミング向けモデルなど、高スペックだがサイズが大きく重い製品が用意されている。

 もうひとつが外出先など場所を選ばずにPCを使用したいというもので、そうしたニーズに応える製品としては、ビジネス向けを中心に軽量でコンパクトなノートPCが多く見られる。

 エイサーの「Swift 5」(型番:SF514-52T-H58Y/B)も後者のような可搬性に優れたノートPCで、重量がわずか970gと1kgを切る軽さが魅力的な製品である。では、このSwift 5はどんなポテンシャルを備えたノートPCなのか、詳しく見ていきたいと思う。

Swift 5(SF514-52T-H58Y/B)の主なスペック
液晶ディスプレー14インチ(1920×1080ドット)
CPUCore i5-8250U(4コア/8スレッド、1.6~3.4GHz)
メモリー8GB(LPDDR3-1866)
ストレージ512GB SSD
無線LANIntel「Dual Band Wireless-AC 7265」(IEEE802.11a/b/g/n/ac)
サウンドRealtek製High Definition Audio (Dolby Audio Premium搭載)
インターフェースHDMI出力、USB3.1 Type-C、USB3.0×2ほか
公称駆動時間8時間
サイズ/重量329(W)×228(D)×14.9(H)mm/970g
OSWindows 10 Home(64ビット版)
実売価格16万700円前後

13.3インチサイズに14インチ液晶を搭載
コンパクトながらも機能性は抜群

 まずは、Swift 5の外観から紹介していこう。その外観は、メタリックブルーでまとめられた筐体に金色のAcerロゴやヒンジがアクセントとなり、落ち着いた雰囲気の中にも少し豪華な印象を受ける。カバーにはマグネシウムリチウム合金を採用し、耐久性の高いつくりも好印象だ。

シックで落ち着いたデザインで、ビジネス用途に最適だ

 サイズは329(W)×228(D)mmといわゆる13.3インチクラスで、厚さはディスプレーを閉じた状態でも14.9mmと非常に薄い。重さも前述のとおり970gと軽量なため、やすやすと持ち運ぶことが可能で、どこかに置かずとも、片手で本体を保持してキー入力を行うこともまったく苦にならない。

 ディスプレーにはノングレアタイプのタッチスクリーンに対応した14インチIPS液晶パネルを採用。このタッチスクリーンだが、Swift 5の可搬性の高さと親和性が高く、操作性は抜群だ。そして、この液晶パネルは、視野角は最大170度を誇り、どのアングルから見ても画面の色彩は損なわれていない。

 また、ディスプレーには「Acer Color Intelligence」という独自機能を搭載しており、ガンマと彩度がリアルタイムに動的に調整され、場面に応じた最適な画質が提供される点は評価できる。さらに「Acer BluelightShield」によりブルーライトがカットされ、長時間使用時でも目の疲れが低減される点は非常にありがたい。なお、解像度は14インチで1920×1080ドットまで対応しており、画面が狭いと感じることはまずないだろう。

ベゼル幅は実測で約8mm。ベゼル幅を薄くすることでコンパクトなサイズながらも14インチと比較的大きな液晶パネルの搭載を実現している

前へ 1 2 3 次へ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック