このページの本文へ

30日間のEU旅行も可能に

エストニア、デジタルノマドに1年間のビザ発行を検討

2018年03月06日 14時00分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Estonian Worldのサイトから

 「デジタルノマド」と認められた人が最大365日間エストニアで働くことができる「デジタル・ノマド・ビザ」をエストニアが導入する予定であると、海外メディアが報じた。

 デジタルノマドは、場所に依存せず仕事の大部分をオンラインでこなす労働者のことを指し、このビザを入手することで90日間のEU内旅行も可能になるという。

 開発は求職者と企業を結ぶエストニアの「Jobbatical」と協力。ビザの発行は2019年に開始する可能性が高いと報じている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談