このページの本文へ

GalaxyにXperia、注目スマホ一斉登場! MWC 2018レポート第26回

MWCにF1が参戦! 新しいライブ配信開始も、ただし日本は除く

2018年03月01日 18時30分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MWC 2018の中でもっとも異彩を放っていたブースといえば「F1ブース」だ。F1マシンやF1に関するアプリケーション、ゲームなどが展示されていたのだが、はたして通信に関係あるのだろうか? 5G=速い、F1=速い、といった単純な理由なのかと思いきや、F1の運営会社である「リバティ・メディア(フォーミュラワン・グループ)」が、新しいF1ライブストリーミングサービスである「F1 TV Pro」をブースで発表した。

 F1 TV Proは月額制のサブスクリプションサービス。値段は月8~12ドルほどで、F1全戦とサポートレースなど、F1に関するあらゆるコンテンツを楽しむことができる。F1は練習走行、予選、決勝といったすべてのセッション、サポートレースはF2、GP3、ポルシェスーパーカップなど。また、F1ドライバーのオンボードカメラはもちろん、ブースにも展示されていた360カメラによるレース中のVR映像も見られるという。

ブースの場所も良かったのだが、F1マシンの展示は人の目を惹きまくり!

 気になる対象国だが、鈴鹿サーキットがある日本は残念ながら対象外。14ヵ国でスタートし、対象国を増やすかどうかは未定とのこと。日本が含まれない理由については、すでにストリーミングサービス(DAZNなど)があるからだと説明した。とはいえ、日本でも展開することについては考えていないわけではなさそうなので、今後に期待したい。

 個人的には日本のSUPER GTでこのようなサービスがほしいところだ。

すでに利用されているF1のタイミングモニターアプリのアップグレード版が「F1 TV Pro」だ本格的な筐体でF1のゲーム大会も行なわれていた。シートポジションがGTカーと違うところに注目!
F1ブースではないが、ドコモブースにスペイン出身のフェルナンド・アロンソ選手も登場。その後キーノートにも参加した。以前はルイス・ハミルトン選手もMWCのキーノートに出たこともあり、すでに通信業界とF1は一蓮托生だ

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン