このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CP+ 2018直前、今年発売のデジカメをまとめてチェック

2018年02月28日 15時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2017年の「CP+ 2017」の様子
2017年の「CP+ 2017」の様子

 3月1日からカメライベント「CP+2018」がパシフィコ横浜で開幕する(3月4日まで)。そこで、今年発表・発売されたデジカメをまとめてみた。これらのデジカメはCP+2018で触れるはずなので、興味があれば訪れるといいだろう。

EOS Kissをミラーレスに展開したキヤノン

「EOS Kiss M」
「EOS Kiss M」

 キヤノンはミラーレス一眼エントリーモデル「EOS Kiss M」(3月下旬発売、ボディーのみの税抜直販価格は7万3500円)を発表。エントリーとはいえ最新の画像処理エンジン「DIGIC 8」が初めて投入される機種であり、画質などに期待が持てる。

 このほか、エントリー一眼レフ「EOS Kiss X90」(3月下旬発売、ボディーのみの税抜直販価格は5万4500円)も発表されている。

「EOS Kiss X90」 「470EX-AI」
「EOS Kiss X90」「470EX-AI」

 また、バウンス撮影の際、内蔵モーターにより自動で動いて発光角度を調整してくれるストロボ「470EX-AI」(4月下旬発売、税抜価格は5万4800円)も登場。CP+会場で実機の動きをぜひ見ていただきたい。

フルサイズミラーレス機にまい進するソニー

「α7III」
「α7III」

 ソニーはフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7III」(3月23日発売予定。ボディーのみの予想実売価格は25万円前後)を発表。

 裏面照射型CMOSセンサーを採用したことで、感度設定がアップ。拡張でISO 204800まで設定できるようになった。

 同社のα7シリーズ3系統(α7、α7R、α7S)のうち、α7Rは2017年に「III」となっており、まだ「II」なのはα7Sのみとなる。フルサイズミラーレス機は順調に世代交代が進んでいる。

 一方で、APS-Cミラーレスやデジタル一眼レフはしばらく更新がない。このままフルサイズ機に注力していくのだろうか。

ミラーレス一眼のラインナップをほぼ一新したパナソニック

「DC-G9」 「DC-GH5S」
「DC-G9」「DC-GH5S」
「DC-GX7MK3」 「DC-GF10(GF90)」
「DC-GX7MK3」「DC-GF10(GF90)」

 2017年末から矢継ぎ早に新製品を投入しているのがパナソニック。ミラーレス一眼は最上位機種の「DC-G9」(発売中。ボディーのみの実売価格は22万6000円前後)を皮切りに、高感度&動画重視モデル「DC-GH5S」(発売中。同32万4000円前後)、ミドルクラスモデル「DC-GX7MK3」(3月15日発売。ボディーのみの予想実売価格は11万円前後)、エントリーモデル「DC-GF10(GF90)」(発売中。ダブルレンズキットの実売価格は9万7000円前後)と幅広く新製品を投入。ラインナップを一新する勢いだ。

「DC-TX2」 「DC-TX2」

 コンパクトデジタルカメラも、高級モデルの「DC-TX2」(3月15日発売。予想実売価格は10万8000円前後)を投入。1型センサーとライカの光学15倍ズームレンズを搭載しており、コンデジとして久しぶりに注目されているモデルだ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中