このページの本文へ

米証券取引委員会、サイバーセキュリティーのリスクなどを開示するガイダンス

2018年02月27日 15時30分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アメリカの証券取引委員会は現地時間2月21日、公式サイトにおいてサイバーセキュリティーのリスクとインシデントの開示に関するガイダンスの発表を明らかにした。

 公共事業会社は連邦証券法にもとづく開示要件に注意が必要だという。公開企業は証券法の開示義務だけでなく、経営幹部による有価証券の売却に関する評判を考慮しながら、規制や手続きを検討することを促している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談