このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ISO 204800まで撮れるソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7III」をフォトレポート

2018年02月27日 14時20分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「α7III」
「α7III」

 ソニーは2月27日、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7III」を発表した。3月23日発売予定でボディーのみの予想実売価格は25万円前後。

 α7シリーズは、スタンダードモデルの「α7」、高精細モデルの「α7R」、高感度モデルの「α7S」の3系統があるが、今回発表されたのはα7の最新モデルとなる。

手に持ったところ。メモリーカード、バッテリー込みで約650g。従来機(α7II)より約51gほど重くなっている
手に持ったところ。メモリーカード、バッテリー込みで約650g。従来機(α7II)より約51gほど重くなっている
本体上面。ボタン配置などは従来機と同じだ 本体背面。Fnボタンの上にフォーカスをピンポイントで選択できる「マルチセレクター」が搭載された
本体上面。ボタン配置などは従来機と同じだ本体背面。Fnボタンの上にフォーカスをピンポイントで選択できる「マルチセレクター」が搭載された
モニターは従来と同じくチルト式 モニターは従来と同じくチルト式
側面端子部。3つの部分に分かれてそれぞれにフタがついている メディアスロットはデュアル仕様
側面端子部。3つの部分に分かれてそれぞれにフタがついているメディアスロットはデュアル仕様

新開発の裏面照射型センサーで高感度撮影を実現

新開発のフルサイズ撮像素子と5軸の手ブレ補正ユニット メイン基板。「BIONZ X」とフロントエンドLSIを搭載
新開発のフルサイズ撮像素子と5軸の手ブレ補正ユニットメイン基板。「BIONZ X」とフロントエンドLSIを搭載
記録画質は最大24M 記録画質は最大24M

 新開発の裏面照射型CMOSセンサー(有効2420万画素)と、上位モデル「α7RIII」に採用されている画像処理エンジン「BIONZ X」とフロントエンドLSIの組み合わせにより、基本機能が向上している。

感度設定。拡張でISO 204800まで設定可能 サイレント撮影が可能。無音で連写できる
感度設定。拡張でISO 204800まで設定可能サイレント撮影が可能。無音で連写できる
ISO AUTO時の低速限界値も設定可能 ISO AUTO時の低速限界値も設定可能

 感度は常用でISO 51200、拡張でISO 204800という高感度設定が可能。連写速度は従来機「α7II」の2倍となる最大10コマ/秒(AF/AE追従)で、無音、無振動でシャッターが切れるサイレントシャッター機能も利用できるようになった。

 AFは693点の像面位相差AFセンサーが利用できるほか、コントラストAFも分割数を大幅に増やし、従来機の25点から425点ときめ細かくなっている。

 低照度時のAF速度や動体追従性能も従来機の約2倍に向上しているという。

レンズのボタンを押すことで瞳AFを有効にする設定も可能 レンズのボタンを押すことで瞳AFを有効にする設定も可能
ボタンを押すだけでこのように瞳にピントを合わせてくれる メガネをかけていても大丈夫
ボタンを押すだけでこのように瞳にピントを合わせてくれるメガネをかけていても大丈夫

 被写体の瞳を検出してピントを合わせる「瞳AF」は、AF-Cモードでの利用が可能になったほか、検出精度と速度が向上。顔優先「入」の設定では、シャッターボタン半押しで瞳AFが有効になる。

 ボディー内手ブレ補正機能もアルゴリズムの最適化により、補正効果が向上。従来の4.5段分から5段分の補正が行なえるようになった。

 一方で、特殊撮影機能の「ピクチャーエフェクト」は従来の13種類から8種類に減っており、絵画調HDRやミニチュアなどの機能が省かれている。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン