このページの本文へ

クレジットカードの取引回数を超え、いっそうに普及を加速

NEC、10万件/秒以上の取引可能なブロックチェーン技術を開発

2018年02月16日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NEC

 NECおよびNEC欧州研究所は2月15日、200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと発表した。

 取引記録の信頼性を保証できるブロックチェーン技術はビットコインなど仮想通貨の処理に採用されているが、処理速度は合意形成アルゴリズムに起因する問題から向上することが難しく、ビットコインでは毎秒7件の書き込みが限界という。

 NECではメモリ空間の一部を特定のプログラムからしか読み書きできない領域として保護するトラステッドハードウェア機能を活用することで、参加ノードが合意形成に必要な通信量と通信回数を削減。参加ノード数が200ノード程度の大規模環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を実現した。また、取引情報を全参加ノードに一律に公開するのではなく、取引情報の公開範囲を限定できる仕組みを開発してプライバシーを保護。

 世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる処理件数は毎秒数万件とされており、これを超える処理性能を実現できることからビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速されるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!