このページの本文へ

GeForce GTX 1050 TiやPCIe NVMe/M.2 SSDなどハイスペック

レノボ、薄型&狭額縁デザインの15.6型ノート「ideapad 720S」

2018年02月14日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ideapad 720S」

 レノボ・ジャパンは2月14日、パワフルなプロセッサーやグラフィックスを搭載した薄型&狭額縁デザインの15.6型ノートPC「ideapad 720S」を発売した。

 CPUにインテルCore i7-7700HQまたはCore i5-7300HQを採用、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti(4GB)と15.6型液晶(1920×1080ドット)を搭載。Core i7モデルは16GBメモリーと512GB SSD、Core i5モデルは8GBメモリーと256GB SSDを装備(SSDはPCIe NVMe/M.2)を装備。指紋センサーや最大およそ12時間動作するバッテリー、Cortanaの利用に適したJBLオーディオ機能など高いスペックを持つ。

薄型ボディーと狭額縁液晶画面のスタイリッシュなデザインとなっている 

 本体サイズはおよそ幅358.8×奥行き243.5×高さ17.95mm、重量はおよそ1.9kg。価格は17万7984円より。

カテゴリートップへ