このページの本文へ

パワーもアップ、対応カーテンレールも拡充

さらに使いやすくなったスマホ連動型カーテン自動開閉機「めざましカーテン mornin’ plus」

2018年02月14日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「めざましカーテン mornin’ plus」(上)と使い方

 ロビットは2月14日、スマホ連動型カーテン自動開閉機の最新モデル「めざましカーテン mornin’ plus」を発売した。

 本体をカーテンレールに装着し、専用アプリをインストールしたスマホとBluetooth LEで接続。アプリで時間を設定すると自動でカーテンを開いてくれる装置。従来モデルから改良が施されており、多くの要望があった「手でも開閉できる機能」が追加されたほか、パワーもアップして対応カーテンレールの種類も増やしている。

限定モデル、左より「みっちりねこモデル」「乃木坂46モデル」「だーぱんモデル」

 電源は単3アルカリ乾電池×3本。価格は7538円。特別モデルとして「みっちりねこモデル」「乃木坂46モデル」「だーぱんモデル」の予約も開始した(特別モデルは1万778円)。

カテゴリートップへ