このページの本文へ

メルカリ、シェアサイクルサービス「メルチャリ」を開始

2018年02月14日 12時25分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソウゾウは2月13日、オンデマンドシェアサイクルサービス「メルチャリ」を提供開始すると発表した。開始は2月27日からで、最初は福岡市から。対応アプリはiOS向けのみ先行スタートする。

 専用のスマートフォンアプリから自転車のレンタルから返却まで可能。地域の民間企業に加えて個人宅・店舗の軒先など街に多くのポートを設置し、乗りたいときにすぐ自転車を利用できることを目指すという。利用は1分4円で、クレジットカード払い、コンビニ払い、ATM払いに順次対応を予定している。

 自転車に内蔵されたGPSで常時自転車の駐輪場所を把握し、カスタマーサポートの監視と対応を365日実施。突然の故障やトラブル時にもサービスを利用できる。また、地域の民間企業と連携し、サポートトラックが放置・違法駐輪の自転車や故障車を移動・回収し、各ポートを常に最適な状態に保つ。また、放置・故障自転車の報告や移動などのアクションに応じ、メルチャリ内で貯まるマイルや、メルカリポイントを付与する仕組みを導入し、利用者も運営に参加する。

 使用する自転車は20インチ、3段階ギア、日本製の非電動アシスト。鍵はコネクティッド・ロックの開発および、関連サービスを手掛ける株式会社tsumugのスマートロックを搭載、QRコードで解錠できる。カラーはレッド、材質はスチール、サイズは全長1470mm、サドル高815〜935mm、ハンドル高930〜1400mm、変速ギアは3段変速ギア。そのほか、カゴ・LEDライト・ベル付き・スチール一本スタンドを搭載している。

 さらに、事故やケガなどに対応するシェアサイクル専用の自転車総合保険と施設賠償責任保険を付保。「示談交渉サービス」つきの賠償や、ケガを被った場合に補償が受けられる。自転車総合保険の傷害補償条項は死亡・後遺障害保険金額が1000万円、入院保険金日額が5000円、通院保険金日額が2500円、賠償責任補償条項は保険金額が最高2億円。施設賠償責任保険の保険金額は身体が最高2億円、財物が最高2億円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン