このページの本文へ

エントリークラスのグラフィックスカードを凌駕するプロセッサー内蔵グラフィックス機能

サードウェーブ、AMD Raven Ridge搭載モデルを発売

2018年02月13日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Regulus AR3」と「Regulus AR5-Q」はともにMicroATXケース「EM041」を採用

 サードウェーブは2月13日、AMDの最新プロセッサー「Raven Ridge」を搭載したパソコンを発売した。

 Raven RidgeはRyzenコアのCPUにRadeon Vega Graphics機能を内蔵するため、低価格ながら高いグラフィックス性能を持ち、コストパフォーマンスの高い製品となっている。

 「Regulus AR3」はCPUにAMD Ryzen 3 2200G with Radeon Vega Graphicsを採用、価格は6万4778円。「Regulus AR5-Q」はCPUにAMD Ryzen 5 2400G with Radeon RX Vega Graphicsを採用、価格は7万4498円。いずれも8GBメモリー、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブなどを搭載、MicroATXケースに収めている。

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ