このページの本文へ

店内700台のカメラが商品や消費者行動を分析、レジ待ちしなくていい決済タブレット付きカートも

スマートカメラとスマートレジカートを導入したスーパーマーケットが福岡に誕生

2018年02月13日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」

 トライアルカンパニーとパナソニック、Remmoは2月13日、スマートレジカート・スマートカメラを導入した革新的なスーパーマーケットが福岡にオープンすると発表した。2月14日にグランドオープンする。

 スーパーマーケット「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」では、トライアル開発の商品動向を分析できるスマートカメラと、パナソニック開発の顧客の動きを分析できるVieurekaプラットフォームを使ったスマートカメラを店内に計700台設置。分析結果を元に商品の見つけやすさや品揃えを改善し、商品棚の欠品を防ぐという。また、レジ待ちをなくすためにRemmoとの共同開発で生まれたタブレット決済機能付きのレジカートを導入している。

左より「Remmo社レジカート」、「パナソニックVieureka対応スマートカメラ」、「トライアルカンパニーのスマートカメラ」

 店舗は福岡県福岡市東区香椎照葉5丁目2-23、24時間営業。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!