このページの本文へ

4K撮影&スマホ対応で約1万円の格安アクションカメラが登場

2018年02月10日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4K撮影やWi-Fi接続によるスマートフォン対応、防水機能などを備えたアクションカメラ「MC8000BK」がSACから発売。テクノハウス東映にて、1万584円で販売中だ。

安価ながら一通りの機能を網羅した、コスパ良好なアクションカメラ「MC8000BK」が発売。1万円チョイで店頭販売中だ

 国内ブランドが手がける製品の中では、低価格でコストパフォーマンスに優れたアクションカメラの新モデル。4K(30fps)の動画撮影をサポートし、Wi-Fiでスマートフォンへの接続にも対応する。製品には30m防水に対応したケースも付属し、水回りやレジャーでも使用可能だ。

 170度の広角レンズと1600万画素CMOSセンサーを内蔵。背面には撮影中の動画・静止画を確認できる2型サイズの小型ディスプレーも搭載している。複数の撮影モードを備え、タイムラプスや連続録画、スローモーション撮影にも対応する。

4K・30fpsの高画質撮影が可能なほか、液晶付きで防水ケースも同梱。Wi-Fiでのスマホ接続にも対応する

 動画は4K・30fps、2.7K・30fps、1080P・60/30fps、720P・120/60/30fpsの記録が可能。静止画は1600/1200/800/500/200万画素に対応している。録画メディアは最大64GBのmicroSDXC(Class10/UHS-II対応)カードが使用可能。バッテリーは400mAhを内蔵し、約180分の充電で約90分のフルHD動画(1080p)が撮影可能という。

インターフェースは、microUSBやmicroHDMI、microSDカードスロットなど。パッケージには豊富なマウンターなども同梱されている

 なお、製品には30m防水ケースのほか、複数のマウンターが同梱。いずれもアクションカメラの大定番であるGoPro互換のマウントを採用し、自転車用ブラケットや固定用の結束バンド、ワイヤーケーブルなども付属する。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン