このページの本文へ

「金融機関向けcloud.config」を2018年6月リリース

FIXERと日本MS、金融機関向けのAzureマネージドサービスを提供

2018年02月09日 07時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FIXERと日本マイクロソフトは2018年2月8日、金融機関向けの運用要件に適合したMicrosoft Azureのマネージドサービス「金融機関向けcloud.config」(仮)を6月にリリースすると発表した。地方銀行や、金融機関へAzureをインフラとしたシステムを納入する企業での利用を見込む。

 金融機関向けcloud.configは、FISC安全対策基準などの金融業界ガイドラインを基に、Azure上に構築したアプリケーションの運用・保守、24時間365日のシステム監視を提供する。また、Azureの使用状況に応じて最適なプランを自動で提案する機能も近年中にリリースするとする。

 同サービスに関わるすべてのシステム設計、開発、運用はFIXERが担い、日本マイクロソフトはAzureの技術指導および営業支援を行う。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ