このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第20回

Azure ExpressRouteでCiscoとの提携強化

Azureがゲーム業界向けサービス強化へ、PlayFabを買収

2018年02月08日 07時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

ゲームのバックエンドプラットフォーム企業「PlayFab」を買収

 Microsoftが、PlayFabの買収を発表しました。PlayFabは、オンラインゲームのバックエンドプラットフォームのサービスプロバイダーです。今後、AzureとPlayFabによって、ゲーム業界向けのクラウドサービスが強化されていくでしょう。

 詳細は、ブログポスト「Microsoft acquires PlayFab, accelerating game development innovation in the cloud」をご覧ください。

PlayFab

Azure Event GridがGA

 Azure Event Gridは、イベントルーティングサービスです。

 Azure Event Gridでは、Azure Blob Storage、Azure Event Hubsなどで発生したイベントを、Azure Functions、Azure Logic Apps、Azure Automation、カスタムのWebhookなどにルーティングすることができます。

 Azure Event Gridは、2017年8月にプレビューがリリースされており、今回、GA(一般提供)になりました。Azure Event Gridでは、99.99%のSLAが提供されるようになります。

 プレビューリリース以降、イベントパブリッシャーとして、Azure StorageのGPv2(汎用v2)アカウント、Azure IoT Hubをサポートし、イベントハンドラーとしてAzure Event Hubsをサポートしました。

 Azure Event GridのSDKもリリースされています。現在、.NET、Go、Node.js、Python、Ruby向けに、トピック、サブスクリプションの管理を行う管理SDK、イベントをポストする発行SDKがリリースされています。Java向けの発行SDKを今後リリース予定です。

 詳細は、ブログポスト「Announcing the general availability of Azure Event Grid」をご覧ください。

Azure Event Grid

Azure Cloud Shell:Ansible、OpenSSHが利用可能に

 Azure Cloud Shellは、Webベースの管理コンソール「Azureポータル」、iOS/Android アプリの「Azureモバイルアプリ」、shell.azure.comで使えるCLI環境です。Azure Cloud Shellは、Azureのドキュメントのコマンド例の「使ってみる」ボタンから使うこともできます。

 今回、Azure Cloud ShellのBashで、IT自動化ツール「Ansible」を利用可能になりました。併せて、コードエディター「Visual Studio Code」向けのAnsible拡張機能も、リリースされています。

 詳細は、ブログポスト「A great developer experience for Ansible」をご覧ください。

Azure Cloud Shell内のAnsible<

 また、Azure Cloud ShellのPowerShellで、OpenSSHが利用可能になりました。PowerShellからLinuxマシンなどにSSH接続したい際に、便利ですね。

 詳細は、更新情報「OpenSSH now available in PowerShell in Cloud Shell」をご覧ください。

Azure Storage:サービスエンドポイント、ファイアウォールがGA

 仮想ネットワーク機能を提供するAzure Virtual Networkは、2017年9月のIgnite 2017カンファレンスで、Azure Storage、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouseに対するサービスエンドポイントのプレビューをリリースしていました。サービスエンドポイントを使うと、Azureサービスへのアクセスを特定の仮想ネットワークからのみに制限し、インターネット経由のアクセスを遮断することができます。

 今回、Azure Storageのサービスエンドポイント、およびファイアウォール機能が、GAになりました。

 なお、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouseのサービスエンドポイントは、引き続きプレビューです。

 詳細は、ブログポスト「Virtual Network Service Endpoints and Firewalls for Azure Storage now generally available」、更新情報「General availability: Virtual Network Service Endpoints and Firewalls for Azure Storage」をご覧ください。

Azure Storageのサービスエンドポイント

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ