このページの本文へ

ちょっと複雑になったiPhone XのWi-Fi設定をマスターしよう!

2018年02月19日 08時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOS 11では、Wi-Fiの設定が従来よりすこし複雑になっています。

 今回は、Wi-Fiの「オフ」と「接続解除」の違いついて解説します。まだイマイチ使い方がわかっていない方は、ぜひこの記事で使い方をマスターしてください。

iOS11から新しくなったコントロールセンター

 iOS11以降、Wi-Fiの「オン」「オフ」だけでなく、「接続解除」が加わりました。

 Wi-Fiのアイコンをコントロールセンターからタップすると、その時点で接続していたWi-Fiネットワークが切断されます。しかし、Wi-Fi機能そのものはオフになっていません。あくまでも、接続中のWi-Fiから、iOS端末を切断しただけです。

「接続解除」の状態
オフにするときは、設定の「Wi-Fi」からオフに

 Wi-Fi設定を「オン」から「オフ」にするとWi-Fiの機能全体がオフになります。この状態では、Wi-Fiスポットを探索することもなく、接続したことのあるWi-Fiスポットに接続されることもありません。

オフになっている

 iOS10以前はコントロールセンターで「オン」と「オフ」の切り替えができましたが、iOS11以降のコントロールセンターでは「オン」と「接続解除」の切り替えになりました。

 Wi-Fiの機能全体を「オフ」にしたいときは、「設定」→「Wi-Fi」で設定をオフにします。

 節電のためにWi-Fiの機能をオフにしたいときは「接続解除」ではなく、「オフ」を設定しましょう。

コントロールセンターでの見分け方

Wi-Fiに色がついているとき→オン

グレーアウトしているとき→接続解除

斜線が入っている時→オフ

 上記のように覚えると、わかりやすいです。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中