このページの本文へ

N高、定員オーバーを見込んで御茶ノ水キャンパス開校

2018年02月02日 19時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は2月2日、2018年春に通学コースの御茶ノ水キャンパスを開校すると発表した。

 N高等学校では高校卒業資格取得のための授業やレポート提出、各種専門分野の学習までをネットだけで完結できる「ネットコース」とコーチングを取り入れた手厚い指導や各界著名人による特別授業やプロジェクト学習などアクティブラーニングを特徴とした「通学コース」を開設している。

 現在東京エリアには代々木キャンパスがあるが、年度途中の転入生も多いほか2017年9月から始まった出願状況を受けて代々木キャンパスの定員を大幅に超えると見込み、東京エリアの2校目として御茶ノ水キャンパスの開校が決定した。

 御茶ノ水キャンパスは4月中旬から5月上旬の開校を予定している。

カテゴリートップへ

ピックアップ