このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第545回

きりっとした顔からゆるふわな顔まで、猫の顔を撮る

2018年02月03日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
毛繕いの様子を撮ってたら、毛繕い中のくねっとした姿勢のまま、こちらをちらりと見た瞬間を狙わせて貰った1枚。まだわかいキジトラ(2017年7月 ソニー α9)
毛繕いの様子を撮ってたら、毛繕い中のくねっとした姿勢のまま、こちらをちらりと見た瞬間を狙わせて貰った1枚。まだわかいキジトラ(2017年7月 ソニー α9)

 今年の日本は寒いですな。寒いときはふかふかな猫が欠かせません、というわけで、唐突ですが猫の顔特集。

 猫の顔にフォーカスしてずらっと並べてみたのである。

 冒頭は人なつこいキジトラ。

 目つきがすごくよかったので採用。ソニーのフルサイズ一眼「α9」をお借りして猫を撮りまくった中の1枚で、フルサイズ機ならではのボケ具合や迫力をぜひ。

 猫の顔って1匹1匹微妙に違う上に、光の当たり方でまた全然違う。キリリと撮りたいときは陽光の下で、横から光が当たっていると強く陰影が付いてキリッとした顔になる。

 ソニーの高倍率ズームデジカメ「RX10IV」でちょっと離れたキジトラにぐぐっと迫ってみた。

横からの強い日差しは猫の顔を精悍に見せる。毛の1本1本も際立つので、キジトラなどトラ系の猫におすすめの日差し(2017年12月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10M4)
横からの強い日差しは猫の顔を精悍に見せる。毛の1本1本も際立つので、キジトラなどトラ系の猫におすすめの日差し(2017年12月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10M4)

 同じ猫でも光の当たり方で感じが変わる。

顔全体に光が当たるとちょっと立体感はなくなるけど、これはこれできりっとしますな。同じキジトラ(2017年12月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10M4)
顔全体に光が当たるとちょっと立体感はなくなるけど、これはこれできりっとしますな。同じキジトラ(2017年12月 ソニー Cyber-shot DSC-RX10M4)

 こちらはほぼ正面から当たってる場合。猫って、まあ人でも同じなんだが、完全な順光だとまぶしいので目を見開いてくれないわけで、ちょいとラッキーだったのである。

 普通はまぶしくて次の写真のようになる。

見るからにまぶしそう。こっちとしては目をつぶってのんびり日向ぼっこしてる写真を撮ろうと思ってそっと近づいたら、気配でバレちゃって、薄目をあけてこっちを見てるのだ。悪いことをした(2017年10月 オリンパス E-M1 Mark II)
見るからにまぶしそう。こっちとしては目をつぶってのんびり日向ぼっこしてる写真を撮ろうと思ってそっと近づいたら、気配でバレちゃって、薄目をあけてこっちを見てるのだ。悪いことをした(2017年10月 オリンパス E-M1 Mark II)

 見知らぬ人がこっち見てるから警戒しなきゃ、でもまぶしくて目を開けてらんない、まぶしいから目をつぶり、でも気になって薄目を開ける、って繰り返しが可愛かったのだが、ちと申し訳ないことをした。ゆっくりお昼寝くだされ。

 クロネコを撮るときは日陰か曇天、あるいは半逆光くらいがいい。クロネコといっても純粋に真っ黒な猫は少なくて、たいてい茶色い毛がまじってたりよく見ると模様があったりするもので、日差しが当たるとそれが目立ってしまい、きれいな黒に撮るのが難しいのだ。

 それにクロネコは目を開けててくれないと真っ黒でどっちが前だか後だかわからなくなるわけで、日陰や逆光の方が目を開けてくれる。

薄曇りの下でクロネコ。じーーっとカメラごしに見つめ合って締まった。クロネコはより黒く撮りたいもんです(2017年11月 オリンパス E-M1 Mark II)
薄曇りの下でクロネコ。じーーっとカメラごしに見つめ合って締まった。クロネコはより黒く撮りたいもんです(2017年11月 オリンパス E-M1 Mark II)

 クロネコは黒がぎゅっと締まるよう露出補正を。アップで撮るときは少しマイナス気味で。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中