このページの本文へ

DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ徹底大特集第10回

自分だけのオリジナルデザインを作成しよう

人気ディーゼルのスマートウォッチはフェイスのカスタマイズか楽しい

2018年02月02日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フェイスのデザインテーマも豊富

 「DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ」は(以下DieselOn)、標準フェイス「Heads Up」の組み合わせだけで200京通りという、こだわりのカスタマイズができるのがポイント。せっかくいろいろな組み合わせができるので、気分によってデザインを変えて使いたいところです。

パーツごとに細かく設定できるので、オリジナルのデザインにカスタマイズできる

 とはいえ、毎回デザインを変更するのは手間のかかる作業。そこでお気に入りのデザインができたら「Saved Faces」に保存して、瞬時に切り替えられるようにしておきましょう。

 保存方法は、まずフェイスのカスタマイズ画面をいちばん下までスクロールさせて、「保存ルック」をタップします。

カスタマイズ画面を下方向にスクロール
保存ルックをタップする

 これでデザインの保存は完了です。設定したデザインに変更したい場合は、インストールアプリの一覧から「Saved Faces」を起動。記録したデザインはカラーとして保存されているので、試しにカラーをタップしてみると、そこに保存されたデザインのサムネイルが表示されます。

アプリの一覧から「Saved Faces」をタップ
「レッド」や「ブラック」など色が並んでおり、左右へのスワイプで切り替えられる
カラーをタップすると、保存したデザインのサムネイルになる

 あとはサムネイルをタップすれば、そのデザインへと切り替わります。TPOに合わせたデザインをいくつか保存しておけば、DieselOnをいろいろなシチュエーションで装着できます。

サムネイルをタップすると、フェイスのデザインが切り替わった

 カラーは13種類用意されているので、13個のパターンが保存可能。ベースカラーに合わせて保存されるので、どこに保存されているか直感的に判断できます。ちなみにデザインが保存されていないカラーをタップすると「スタイルが保存されていません」と表示され、サムネイルには切り替わりません。

 また一度デザインを保存したカラーも、サムネイルの長押しで削除可能。自分のお気に入りのデザインを入れ替えながら、いくつも保存できます。

保存したフェイスデザインのサムネイルを長押しすると削除画面に

 フェイスデザインの方法は「ディーゼルの超凝り過ぎスマートウォッチ「文字盤カスタマイズ」攻略」で紹介しているので、この記事を元に自分だけのオリジナルデザインを作成して、「Saved Faces」でガンガン保存しておきましょう!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事