このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

7つのRAID技術でパフォーマンスをチェック!

12TB×4の大容量&他社にない診断機能で安全な「IronWolf」超活用術

2018年03月05日 11時00分更新

文● 藤田忠 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage)こと「NAS」は、充実した機能を備えた製品のラインアップが増え、データ保存用のデバイスとしてのニーズが高まっている。RAIDによる運用で冗長性の向上が可能だ

 近年、PCのシステムドライブはSSDが主流になりつつ。しかし、HDDはプラッタ密度の向上や、空気より低密度なヘリウムガスをHDD内に充填するヘリウム充填技術による大容量化。加えて、低価格化したことで、未だ人気は根強い。

 加えて、昨今1~2万円台で購入できるホームユース向けの自作NASのラインアップが増加し、導入設定の簡略化なども進んだことで、HDDをNASで使用するニーズが再熱している。

 HDDもこのニーズにあわせて進化しており、24時間365日駆動やRAID構築のサポートなど、NAS向けを謳うモデルを各社が投入している。そんなデータ保存に最適なNAS向けモデルのなかで、後発ながら目立つ存在がSeagateの「IronWolf」シリーズだ。

 Seagateの「IronWolf」シリーズは、後で詳しく解説するがASUSTORやSynologyの対応NASで利用することで、200項目のパラメーターでHDDの状態を診断してくれる「IHM(IronWolf Health Management)」を備えるほか、容量4TB以上のモデルならヘッド位置を補正し、高精度なデータの読み書きを実現する「RVセンサー」を搭載。さらに、他社製品だとプラッタの回転数がProモデルでないと5900回転のところ、「IronWolf」シリーズはProモデルでなくても、6TB以上のモデルなら7200回転なので、より速い速度でデータ転送が行なえる。

狼がイメージキャラクターになっているNAS向けHDDの「IronWolf」シリーズ
「IronWolf」は1TBから12TBまでラインアップ。今回は、最大容量となる12TBモデルの「ST12000VN0007」を4台用意。なお、10TB以上のモデルはプラッタの回転を安定させ、多くのプラッタを搭載可能にするヘリウム充填モデル
IronWolfシリーズ
シリーズ名IronWolfIronWolf Pro
用途常時稼働PC、SOHO PC、NAS商用システム、エンタープライズNAS
容量12TB、10TB、8TB、6TB、4TB、3TB、2TB、1TB12TB、10TB、8TB、6TB、4TB、2TB
キャッシュ256MB(12/10/8/6TB)、64MB(4/3/2/1TB)256MB(12/10/8/6TB)、128MB(4/2TB)
ファームウェアAgileArrayAgileArray
RVセンサー搭載(12/10/8/6/4TB)搭載
対応ドライブ・ベイ数1〜8台1〜16台
年間通電時間8760時間8760時間
平均故障間隔(MTBF)100万時間120万時間
製品保証期間3年保証5年保証

前へ 1 2 3 4 5 次へ