このページの本文へ

夜景自撮りもきれいに撮れるミラーレス一眼 パナソニック「GF10」発表

2018年02月01日 13時10分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LUMIX GF10」
「LUMIX GF10」。3色のカラーを用意する

 パナソニックは2月1日、エントリー向けのミラーレス一眼カメラ「LUMIX GF10(GF90)」を発表した。ダブルレンズキット(12-32mm F3.5-5.6と25mm F1.7レンズ付属)のみの展開で、予想実売価格は9万円前後(GF10とGF90は流通経路の違いのみで製品は同じ)。

レンズキットの構成
レンズキットの構成
本体背面。3型のタッチパネルモニターを搭載 自撮り用に180度前方に回転する
本体背面。3型のタッチパネルモニターを搭載自撮り用に180度前方に回転する
外観で新しいのはグリップが搭載されたこと。自撮りの時に構えやすくなる 本体上面。フラッシュを内蔵する
外観で新しいのはグリップが搭載されたこと。自撮りの時に構えやすくなる本体上面。フラッシュを内蔵する

 新機種は自撮り機能を強化。4K解像度で秒間30コマの自撮り連写ができる「4Kセルフィー」機能に、広角撮影モードを追加し、より広く背景を入れることができる。ただし、連写速度は秒間15コマとなる。

 また、「夜景&自分撮りモード」が追加され、夜景をバックにした撮影時は背景を複数枚連写して合成しつつ、被写体(人物)はフラッシュを使用して明るく撮影し、その背景と被写体を合成。より美しく夜景バックの自撮り写真が撮れる。

 このほか、人物撮影モードでは美肌およびスリム効果を追加し、被写体をきれいに写せるようになった。

 そのほかの基本機能は従来機(GF9)を踏襲。撮像素子は1600万画素のMOSセンサー(ローパスレス仕様)を搭載し、AFには同社独自の空間認識技術(DFD)を採用。

 画像処理エンジンは「ヴィーナスエンジン」で、感度は標準でISO 200~25600まで設定可能。連写速度は秒間最大10コマ(電子シャッター時)となる。180度回転が可能な3型タッチパネルモニターを搭載する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン