このページの本文へ

富士通、携帯電話事業売却の報道について交渉の事実を認める

2018年01月26日 15時45分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は、一部メディアによる携帯電話事業のポラリス・キャピタル・グループへの売却の報道について、交渉を行なっていることは事実だと認めた。一方で、現時点で決定していることはないとしている。

 富士通の携帯電話事業は2016年2月に100%子会社である、富士通コネクテッドテクノロジーズに分社化されている。現在はドコモ向けのarrowsシリーズやらくらくホンシリーズのほか、SIMフリースマホも提供。富士通グループの国内工場で生産する「日本製スマホ」をアピールポイントの1つにしている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン