このページの本文へ

自動バックアップはGoogleアカウントとのリンクが必要

サービス終了のグーグルPanoramio、データ保存期限を1月29日までに

2018年01月25日 19時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米グーグルは、2016年11月にサービス終了を宣言した写真共有サービス「Panoramio」について、画像保存期限を1月29日とすることを発表した。オンラインの画像データを削除するため、同日までにバックアップを取るよう呼びかけている。

 画像のバックアップに関しては、ローカルへのエクスポートのほか、Google Album Archibeへの自動アーカイブオプションを用意。1月29日までにPanoramioのプロフィールをGoogleアカウントにリンクすることで、自動的にGoogle Album Archiveへ画像データがコピーされるという。コピーした写真は、Googleストレージ容量としては積算されない。

 また、ローカルガイドプログラムに参加することで、Googleアカウントで送信された写真が位置情報などのメタデータを持つ場合に、ポイントを獲得して報酬を得られるとしている。これは従来のPanoramioサービスに近似するもので、同社によるとPanoramioサービスの写真の多くが対象となる可能性がある。これらGoogleマップで共有する写真は、Google Earthの新しい写真レイヤーにも表示される。

 Panoramioはメタデータ付きの写真アルバムをGoogle EarthやGoogle Mapと連動させられる無料写真共有サービス。2005年にサービスを開始し、2014年に終息計画が発表されていた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中