このページの本文へ

リサイクル業者向け製品。カラワリストなアナタにも

高速CPU殻割り機がロジテックダイレクトで販売

2018年01月25日 15時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテックINAソリューションズは1月18日、直販サイト「ロジテックダイレクト」で、日東造機製の高速CPU分離装置「HORUKAMU(ホルカム)HK-1V」の販売を開始した。価格は24万8980円。

 CPUから金を多く含む基盤部と銅を多く含むヒートスプレッダーを安全に分離する殻割り機。CPUを挿入リニアガイドに置いてレバーを上げメカニカルインターロックを解除、レバーを下げて特殊構造の二枚刃をスライドさせCPUを殻割り、本体を左右に振って銅を含む放熱板が落下し基盤とのふるい分けが完了するという3ステップ操作。分離性能は実測で100個/15分としており、CPU基盤部に換算して30分で1kg分が作業できるという。

 製造元の日東造機はHDD破壊装置「Crush Box」などを手がける機器メーカー。本製品は国内外のパソコンリサイクル事業者や金属資源回収事業者などを主なターゲットとしているという。

 サイズは幅158×奥行き500×高さ130mm、本体重量はおよそ4.8kg。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース