このページの本文へ

ツイッター投稿の「音韻」から躁うつ病の兆候を発見する新研究

Emerging Technology from the arXiv

2018年01月24日 12時33分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

台湾の国立精華大学の研究チームが、ツイッターの一連の投稿を分析することで双極性障害(躁うつ病)の兆候を発見できるとする研究結果を発表した。単語が発話されたときの破裂音のエネルギーを基に新しい音韻測定基準を開発した点がユニークで、機械学習アルゴリズムによる識別の正確度は90%を超えたという。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ