このページの本文へ

ステージクリアで自発的な学習継続をねらう

サイバーエージェント、マウス操作中心のプログラミング学習「QUREO」

2018年01月24日 12時55分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイバーエージェントは1月23日、小学生を対象としたオンラインプログラミング学習サービス「QUREO(キュレオ)」を発表した。2月19日から提供開始する。

 QUREOは、プログラミング未経験の子どもでも楽しく、自発的に学習が出来るとするプログラミング学習サービス。米国マサチューセッツ工科大学が開発したプログラミング学習ソフト「Scratch」のオープンソースを利用し、テキスト入力ではなく、マウス操作が中心の“ビジュアルプログラミング環境”が特徴だ。

 カリキュラム全体にゲーム性・ストーリー性を持たせ、多彩なキャラクターとともにステージクリアを目指す内容。300以上のレッスンを通じて、if、ループ、乱数、変数など50項目に及ぶプログラミングの基礎を効果的に学べるとうたう。

豊富なステージ説明動画でわかりやすいレッスンレッスンクリアでレベルアップなど

 同社は、本サービスを学校や学習塾、習い事事業者、プログラミング教室の開講を検討する事業者向けにも提供する。また、事業者向けの機能として、受講生の学習進度や成績を管理する機能や、CA Tech Kidsによる指導者養成研修なども実施するとのこと。

カテゴリートップへ

ピックアップ