このページの本文へ

広告運用担当者が2018年に押さえておきたい、3つの変化

2018年01月23日 19時01分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

テクノロジーの発達により、広告運用担当者の仕事が変化しています。何が変わって、今後どうなるのか、そして身につける知識や技術を紹介します。

2017年の運用型広告を振り返ってみると、AI(および機械学習)、アトリビューション、プライバシー保護、薬機法や景表法と言った法律の遵守などさまざまなトピックが話題となった1年でした。

運用型広告の運用者にとっても機械学習の精度が上がったことで、入札の作業より、クリエイティブや戦術を練る、または目標達成のための戦略立案に携わることのほうが多くなってきたのではないでしょうか(役割にもよりますが、むしろ、2018年のこの時点でその実感がない場合は時代に乗り遅れてしまっている可能性が高いです)。

テクノロジーの進歩によって運用型広告の運用も進歩した2017年から2018年に移り変わりましたが、本年はどんなことが起きそうか、また、運用者としてどのように向き合っていくべきかを考えてみました。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く