このページの本文へ

ソニーが26年ぶりに収録用マイクを発売 ハイレゾ音源の録音に対応

2018年01月23日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左からECM-100N、ECM-100U、C-100
左からECM-100N、ECM-100U、C-100

 ソニーは1月23日、ハイレゾ楽曲制作用のレコーディングマイク3種類を発表した。3月17日発売予定。

 同社がレコーディングマイクを発売するのは、1992年以来約26年ぶり。当時はCD制作用として開発されたが、新機種はハイレゾ音源録音に対応。

 従来は30kHz以上で周波数特性が下がってしまうが、新機種は50kHzまで減退しないよう、高帯域を考慮して開発された。

C-100は高域用と低域用のマイクユニットを搭載。2Wayとなっている Low Cutなどのスイッチも搭載する
C-100は高域用と低域用のマイクユニットを搭載。2WayとなっているLow Cutなどのスイッチも搭載する

 新製品はボーカル録音用の「C-100」(予想実売価格 17万円前後)、楽器録音向けで近接(単一指向)録音用の「ECM-100U」(同11万円前後)、環境(全指向)録音用の「ECM-100N」(同12万円前後)となる。

 C-100は2Way構成で高域の広がりと中低域の豊かさを両立。100Uは楽器の弦や共鳴胴の振動をリアルに収録でき、100Nはスタジオの空気感を収録できる。

ECM-100U/Nもスイッチを搭載する ECM-100U/Nもスイッチを搭載する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン