このページの本文へ

M.2 NVMe接続のSSDや GeForce GTX、4Kディスプレーなどハイスペックを詰め込んだ1台

クリエイター向け「raytrek」に新型4KハイエンドノートPCが登場

2018年01月19日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「raytrek RKF1060TGK」

 サードウェーブデジノスは1月19日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」より、15.6型4K液晶を搭載するハイエンドノートPC「raytrek RKF1060TGK」を発売した。

 CPUにインテルCore i7-7700HQを採用、16GBメモリー、256GB SSD(M.2 NVMe)+1TB HDDを搭載。15.6型液晶は3840×2160ドットでグラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)を装備する。本体サイズはおよそ幅374.6×奥行き260×高さ29.5mm、重量およそ2.6kg。価格は21万5978円。

 さらに、8GBメモリー+ストレージ1TB HDDのみとした「Entry Edition」(18万3578円)、32GBメモリー+512GB SSD(M.2 NVMe)+1TB SSDとした「Advance Edition」(26万9978円)も用意し、手頃な価格を求める入門者やさらなるハイスペックを望むユーザーに対応している。

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ