このページの本文へ

20分でデリバリーできなかったらクーポン発行

ドミノ・ピザ20分宅配 業界最速の3つの理由

2018年01月19日 12時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デリバリーピザチェーン、ドミノ・ピザは注文からピザを20分でデリバリーする「ミッション20ミニッツ」を全国の店舗でスタートしました。

追加料金216円を支払えば20分でピザを届ける「ミッション20ミニッツ」

 ミッション20ミニッツは、追加料金216円で注文から20分のお届けを約束し、もし時間を超過した場合は次回以降使えるMサイズピザの無料クーポンをプレゼントするという新サービス。

 利用は、ネットからの注文限定。注文時に位置情報を送信した段階で、リアルタイムの交通情報なども加味して20分での宅配が可能である場所、条件であった場合にのみ、ミッション20ミニッツが選択肢として選べるようになります。

 ピザのデリバリーは業界の標準が30分。20分でのお届けを約束するのは日本初の試みです。なぜ業界最短のスピードでデリバリーが可能なのでしょうか?

20分デリバリーを可能にする3つの理由。

 サービスのスタートに際して開かれた発表会では、ドミノ・ピザ ジャパンCMOの富永朋信氏が3つの理由を説明しました。

 ひとつは新オーブンの開発。従来はピザの焼き上がりに5分かかったところ、熱力を20%アップし熱風の当たり方などを検証した結果、焼き時間を2分短縮した3分オーブンが実現しました。

ドミノ・ピザ ジャパンCMO富永朋信氏

 次にピザ作りの技術によるもの。ドミノ・ピザではオペレーションひとつひとつにかかる時間を計ってプロセスに無駄がないか、同じ時間でできることがないかという検証を繰り返し、速度アップに努めてきたとのこと。

 最後にデリバリーテクノロジー。Eバイクというデリバリー用電動アシスト付き自転車を導入することによって、都市部の混みいった道でも迅速なデリバリーが可能になったとのことです。

 また、GPSでデリバリー経路をリアルタイムで追跡するため、交通規則がきちんと守られているかもチェックします。

「時間は、温かいフードの敵という考え方があり、ピザはまさにそうです。なるべく早い時間にお届けするということがデリバリーピザの使命と考えています」

ピザを注文するとピザトラッカーが発動。宅配までの時間をカウントします。GPSによる宅配の状況も確認できます。

 発表会では、とろサーモンさん、都丸紗也華さんが登場し20分デリバリーを体験しました。通常の30分で届けられたピザと20分で届けられたピザを食べ比べたところ、20分のピザのほうがアツアツでチーズもとろけるようだと感想が出ました。

発表会で20分デリバリーを体験したとろサーモンさん、都丸紗也華さん

 ミッション20ミニッツを利用するには追加で216円かかるため、価格をとるか速さをとるかが悩みどころです。時間の都合上、なるべく早くピザを届けてほしい、もしくはお腹が減って1分でも速くピザを食べたいといった時の選択肢になりそうです。

都丸紗也華さんは「友だちとかと集まる時にピザを頼むことが多いので、速く届くとうれしい」とコメントしました

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!


カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!