このページの本文へ

CES 2018レポート第25回

人気ブランドらしい独自仕様

スカーゲン&ケイト・スペード初のスマートウォッチはオリジナル要素が充実

2018年01月18日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CES 2018会場のフォッシルブースではブランドごとにスマートウォッチを展示

 アメリカ、ラスベガスで開催されたCES 2018ではフォッシルグループがブースを出展し、同社が展開する各ブランドのスマートウォッチを多数展示。特にケイト・スペード ニューヨークとスカーゲンの両ブランドとしては初のタッチスクリーンタイプのスマートウォッチが披露された。

ケイト・スペード ニューヨークの展示コーナー。DIGITAL TRENDSのウェアラブル部門でTOP TECH OF CES 2018を獲得しており、そのトロフィーも合わせて展示していた

ケイト・スペード ニューヨーク独自の機能も!

 ケイト・スペード ニューヨークは女性向けブランドということで、外周にスカラップ パターンを施されており、ボタン類は本体右サイドにひとつだけとシンプルながらエレガントなデザイン。ケースサイズは42mmで素材はステンレススティール。カラーはブラックレザーストラップがイエローゴールドトーンで、バケッタレザーストラップとステンレススティールはローズゴールドトーンとゴールド系のみとなっている。

 またウォッチフェイスも女性を意識したデザインで、手書き文字のような数字を使ったり、ウィンクなどアニメーションする女性の顔を模したものなど個性的だ。

ケイト・スペード ニューヨーク初のタッチスクリーンスマートウォッチ。これはベルトがステンレススティールのモデルで本体カラーはローズゴールドトーン
ボタン類は本体右側面にひとつだけ
バケッタレザーストラップモデル
ブラックレザーストラップモデルは本体カラーがイエローゴールドトーン
セカンドタイムゾーンなども表示される別のウィッチフェイス。フォントや差し色の配色がケイトっぽくて、チャーミング
かわいらしいアニメーションが特徴的なウィッチフェイスも標準で搭載

 ケイト・スペード ニューヨークオリジナルの機能として、ファッションコーディネートを教えてくれる「choose your look」を装備。ジュエリーやバッグの色味などコーディネートに関する質問に加え、その日の天候などを考慮した上で、オススメのコーディネートを表示する。

 ブースに展示してあったモデルはデモ機ということで、「choose your look」は試せなかったが、毎日のコーディネートに頭を悩ませている女性にはオススメの機能と言える。2月より発売開始で日本でも発売が予定されている。価格は4万5350円から。

choose your lookはボードで解説。4つの質問に答えるとベストコーデを提案してくれる
アナログ針でスマホの通知を表示するハイブリッドモデルも展示されていた

スカーゲン初のタッチスクリーンはフェイスデザインもシンプル

 これまで「アナログ針でスマホの通知を表示」するハイブリッドタイプのスマートウォッチだけだったスカーゲンにも、タッチスクリーンタイプのスマートウォッチ「Falster Smartwatch」が登場。スカーゲンらしくシンプルでタイムレスなデザインで、男性にも女性にもマッチする印象。

スカーゲンのコーナーにはハイブリッドタイプと合わせて新作のタッチスクリーン スマートウォッチ「Falster Smartwatch」を展示

 ベルトの素材の違いで4つのモデルをラインアップしているが、ケースは42mm径でカラーはブラックの1系統のみ。ケイト・スペード ニューヨークと同じくボタン類は右側面にひとつだけ。派手な装飾もなくスッキリとしたデザインに仕上がっている。こちらは2018年春に日本でも発売が予定されており、価格は4万3200円から。

4モデルのうち2つが展示され、こちらはブラックレザーモデル
もうひとつはステンレススティール(ローズゴールドカラー)モデルが展示されていた
中央の数字が時、外周のバーインデックス上の●が分を表す、ユニークなフェイスデザイン
3都市の時刻をまとめて表示するフェイスウォッチも選択可能

カテゴリートップへ

この特集の記事