このページの本文へ

無料のインターネット翻訳とは段違いの翻訳精度を実現

NTT Com、ビジネス文書も形式そのままで瞬時に翻訳「AI翻訳PF」

2018年01月16日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
文章翻訳例

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月15日、企業向けにAIによる超高精度の自動翻訳を実現する「AI翻訳プラットフォームソリューション」を発表。3月1日より開始する。

 AI翻訳プラットフォームソリューション(AI翻訳PF)は、最新のニューラルマシントランスレーション技術とNTTグループの日本語解析技術を投入した翻訳エンジン、みらい翻訳の「COTOHA Translator」を採用。簡単な操作でビジネス文書などを超高精度で翻訳可能なほか、Microsoft Office形式のファイルをそのまま翻訳して他言語に変換できる。また、インターネットの無料翻訳サービスなどでは正しく訳せない社内用語や専門用語についても辞書登録やチューニングによって対応できるなどビジネスにおける高い実用性を持つ。

インターネットの無料翻訳サービスとの比較 

 事前に実施した精度評価実験では、5段階評価で平均4.0を達成。汎用的なインターネット翻訳(平均3.7)をおよそ14%上回る結果となった。また、人間による翻訳との比較でも、TOEIC900点レベルの被験者と同等の平均点に達したばかりでなく、人間では平均7時間を要した翻訳をおよそ2分以内で訳出したという。

PowerPointの図表入りドキュメントでも翻訳可能

 Word、Excel、PowerPoint、PDF形式のドキュメントもドラッグ&ドロップだけでレイアウトごと翻訳して同じ形式で出力。社内用語や専門用語に関しては、顧客から文例を預かってNTT Comが辞書に登録するチューニングを行なう。

 対応言語は、日本から英語、英語から日本語。今後は中国語などにも対応を予定しているという。価格は月額8000円/1ID(最低10IDより)。100ID以上での利用は別途見積となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ