このページの本文へ

UQが708Mbps通信対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」発売

2018年01月15日 11時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UQコミュニケーションズは1月19日、下り最大708Mbps通信対応のファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」を発売する。「UQ Flat ツープラス ギガ放題」「UQ Flat ツープラス」契約時の販売価格は本体のみで2800円、クレードルセットで5200円。

 「Speed Wi-Fi NEXT W05」は4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション、256QAM変調方式を組み合わせることで下り最大708Mbps通信を実現。下り最大558Mbps通信のWiMAX2+と、エリアが広いハイスピードプラスエリア(au 4G LTE)通信に対応する。なおハイスピードエリアプラスモード設定時は別途月額1005円のオプション料がかかるが、3年契約もしくは「auスマートバリューmine」に加入している場合はオプション料はかからない。

 最大の特徴は「Wi-Fiお引っ越し機能」で、これまで利用していたWi-Fiルーターの接続情報をカンタンな操作でそのままコピーできること。これによりWi-Fiルーターに接続していた機器側の設定変更が不要なのがメリットだ。

 クレードルセット(5800円)は、自宅で複数台の同時接続が可能なホームルーターとしても利用できる。カラバリはブラック×ライムとホワイト×シルバーの2色。

UQ「Speed Wi-Fi NEXT W05」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
通信方式 WiMAX2+、au 4G LTE
最大通信速度 【ハイスピードプラスエリアモード】
下り最大708Mbps/上り最大75Mbps
【ハイスピードモード】
下り最大558Mbps/上り最大30Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
サイズ 約130×55×12.6mm
重量 約131g
バッテリー容量 2750mAh
充電時間 約130分
同時接続台数 WI-Fi:10台、Bluetooth:3台
USB:1台
連続通信時間 【ハイスピードプラスエリアモード】
ハイパフォーマンスモード:約260分
ノーマルモード:約390分
バッテリーセーブモード:約550分
【ハイスピードモード】
ハイパフォーマンスモード:約390分
ノーマルモード:約540分
バッテリーセーブモード:約630分
連続待受時間 約850時間
インターフェース USB3.0 Type-C、Bluetooth 4.1
カラバリ ブラック×ライム、ホワイト×シルバー
発売時期 2018年1月19日

カテゴリートップへ