このページの本文へ

子どものAndroidスマホを守る「ジュニアスマホ」

2018年01月12日 18時30分更新

文● てんこもり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは1月12日、Android搭載のスマートフォンを子供向けの設定にできる「ジュニアスマホ」を発表した。2月上旬以降から提供開始する。料金は無料。

 ジュニアスマホは、子どもが安心してAndroid搭載スマートフォンを利用できるようにするサービスだ。申し込むと、子どもが利用するスマートフォンで「ソフトバンクまとめて支払い」が利用不可になり、有料コンテンツを簡単に購入できなくなる。

 フィルタリングサービス「あんしんフィルター」を申し込めば、保護者があらかじめ子どもの年齢に合わせて設定した強度でフィルタリングをかけることも可能。

 サービスは、“ソフトバンク”の携帯電話取扱店での申し込みが必要だ。

 ジュニアスマホの対象機種は、Xperia XZ1、AQUOS R compact、Xperi XZs、AQUOS R、AQUOS ea、DIGNO G、HTC U11。対象機種は今後拡大する予定とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART