このページの本文へ

24時間980円を払えば海外でも日本で契約しているデータ量から消費

ドコモ、契約中のパケットパックなどを海外でも利用できる「パケットパック海外オプション」

2018年01月12日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アプリの画面イメージ

 NTTドコモは1月12日、ユーザーが契約しているパケットパックなどのデータ量を24時間980円で海外でも利用できる「パケットパック海外オプション」を発表。3月15日に提供開始する。

 アプリまたはウェブから申し込みした後、専用アプリなどを通じて海外で利用開始操作を行なえば定額980円で利用できる。利用開始操作から24時間の利用データ量が国内のパケットパックなどのデータ量から消費され、24時間経過後はパケット通信が自動で停止される。使い過ぎの心配がなく、これまで海外でのパケット料金を気にされていたユーザーも安心して利用できるという。

 また、「海外パケ・ホーダイ」および「海外1dayパケ」における現在提供中の対象国と地域数も3月15日より205に充実するが、パケットパック海外オプションの提供開始とともに、海外1dayパケの新規受付は終了する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART