このページの本文へ

スマートウォッチの便利な使い方 講座第2回

InstagramやFacebookの写真をスマートウォッチに表示

お手軽!スマートウォッチの文字盤をインスタ画像に変えると楽しい

2018年01月12日 09時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回はフォッシルの「Q EXPLORIST」ウォッチフェイスを、愛犬ヘンリーのお昼寝写真にしてみました。時間をチェックするたびに、ヘンリーのすやすや顔が目に入るので、時間に追われることなく過ごせて幸せです

 フォッシルのタッチスクリーン スマートウォッチは、文字盤を好みのデザインに変えられるのが特徴です。

 以前、マイケル・コースのタッチスクリーン スマートウォッチが、Instagramと連携できることを記事で紹介しましたが、じつはフォッシルのタッチスクリーン スマートウォッチでも、スマートウォッチにはじめからインストールされている「FOSSIL Q」アプリを最新バージョンにアップデートすることで、SNS連携が可能になります。

 ちなみに、iPhoneやAndroidスマホのOSも、最新バージョンにアップデートしてくださいね。

 「FOSSLE Q: DESIGN YOURDIAL」機能を使うことで、ウォッチフェイスの背景をInstagramやFacebookに投稿した画像の中から選べるのです。

 背景画像を変更できるのは、「Digital」または「Big Tic」の2種類のウォッチフェイス。

 ウォッチフェイス「Digital」は、4つのサブダイヤルに予定やアクティビティなどのアプリが表示できて便利ですが、標準のままでは背景が黒でちょっとさびしいです。そこで、背景画像をカスタマイズして、SNSの写真に変更してみましょう。

 設定方法は、ウォッチフェイスのカスタマイズとほとんど同じです。

画面をスワイプしてウォッチフェイスのリストを表示し、「Digital」または「Big Tic」の下にある歯車のアイコンをタップして、「背景画像」を選択
「FOSSIL Q 写真を選択してください」をタップし、次の画面で、「INSTAGRAM」または「FACEBOOK」を選択
スマートフォンのブラウザーが起動して、InstagramまたはFacebookの承認画面が表示される。アカウントとパスワードを入力して承認する
投稿写真のリストをスクロールして、背景にしたい写真をタップ。確認画面でチェックマークを選ぶと、背景画像に設定される
背景画像に合わせて、ディジットカラーやアクセントカラーを変更すると、時刻や情報が見やすくなります

 一度、SNSと連携しておけば、次からはすぐに最新のSNS画像が選べるので、季節や気分に合わせて、気軽に文字盤の背景画像にチェンジできます。

ウォッチフェイス「Big Tic」の背景をリンゴにしてみました! ポップでわくわく楽しくなるようなフェイスになりました

 今まではスマートフォンやPCの画面の中だけで楽しんでいた写真を、ファッションの一部として身に付けられるのがうれしいですね。SNSへの写真投稿がもっと楽しくなりそうです。


カテゴリートップへ

この連載の記事