このページの本文へ

パナソニックの高感度ミラーレス一眼「LUMIX GH5S」が日本で今月に発売に

2018年01月11日 20時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DC-GH5S」
「DC-GH5S」

 パナソニックは1月11日、CES 2018で発表したミラーレス一眼「DC-GH5S」を1月25日に日本で発売すると発表した。ボディーのみの予想実売価格は32万円前後。

 2017年に発売したハイエンドミラーレス一眼「DC-GH5」をベースに高感度撮影を強化したモデル。

GH5Sのイメージセンサー。各画素の面積が約2倍となっている
GH5Sのイメージセンサー。各画素の受光面積が約2倍となっている

 GH5とはイメージセンサー自体が異なっており、4/3型というセンサーサイズは同じだが、有効画素数が2033万画素から1028万画素と減っている。その分、1画素あたりの面積が大きくなり、より多くの光を取り込めるため感度特性が上がっている。

 また、読み出し速度が約1.3倍となっており、ローリングシャッター歪みの抑制やAF追従性の向上、VFR(バリアブルフレームレート)機能による240fps記録(フルHD)の実装などを実現している。

本体上面。「REC」ボタンが赤くなり、大きくなっている
本体上面。「REC」ボタンが赤くなり、大きくなっている
本体背面。モニターは3.2型。タッチパネル式
本体背面。モニターは3.2型。タッチパネル式
モニターはバリアングル式だ
モニターはバリアングル式だ

 低ISO感度用と高ISO感度用で2系統の信号処理経路を持つ「デュアルネイティブISOテクノロジー」を搭載。感度に合わせて最適なノイズ低減処理を行なう。

 この2系統の信号処理は自動選択のほか、手動でも選択可能。低ISO感度時はISO 80~800、高ISO感度時はISO 800~204800の間(拡張設定時)で感度を設定できる。

 なお、常用ISO感度もGH5のISO 200~25600からISO 160~51200まで設定可能となっている。

 静止画は12bitに加えて14bitのRAW記録に対応。12bitに比べて約4倍の情報量を保存でき、豊富な階調や色彩を記録できる。

 動画は映画製作などで使われるCinema4Kの60p記録に対応。デジタルカメラでは世界初だという。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART