このページの本文へ

dynabook UX53/Fは従来モデルからさらに軽量化!

光学ドライブ内蔵機種も、東芝13.3型モバイルノート2018年春モデル発表

2018年01月15日 14時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
13.3型ノートパソコンの2018年春モデルが発表

 東芝クライアントソリューションは1月15日、13.3型ノートパソコンの2018年春モデル「dynabook UX53/F」、「dynabook RX73/F」、「dynabook RX33/F」を発表した。

約1060gとさらに軽量化したdynabook UX53/F

dynabook UX53/F

 dynabook UX53/Fは重さ約1060gと、従来モデルと比較して30gの軽量化を実現している。タッチ対応ディスプレーを採用し、サイズはおよそ幅316.0×奥行227.0×高さ15.9mm。76cm落下、200kgf面加圧、30cc防滴テストをクリアーしている。

 スピーカーはharman/kardonのステレオスピーカーを内蔵。Thunderbolt 3(USB Type-C)端子×2を備え、接続すればHDMI出力、D-sub 15ピン、USB 3.0、有線LANを拡張できるアダプターが標準で付属する。 Windows Hello対応の指紋認証センサーも搭載している。また、HDR映像に対応。ただし、ウェブブラウザー「Microsoft Edge」とWindows 10の一部動画アプリ(写真は非対応)で、全画面表示限定での対応となる。

 主なスペックはCore i3-7130U(2コア/4スレッド、2.7GHz)、4GBメモリー、128GB SSDという構成だ。ディスプレーはノングレアで、解像度は1920×1080ドット。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。

 インターフェースは、USB 3.0、Thunderbolt 3(USB Type-C)×2、HDMI出力、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、microSDカードスロットなど。本体カラーは、オニキスブルー。2月上旬に発売予定で、価格は16万円台後半。

dynabook UXシリーズ2018年春モデルの主なスペック
機種名 dynabook UX53/F
CPU Core i3-7130U(2.7GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
メモリー 4GB
ストレージ 128GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、タッチ対応、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子、Thunderbolt 3(USB Type-C)×2、HDMI、マイク入力/ヘッドフォン出力、microSDカードスロット(USB Type-Cアダプター使用時はHDMI出力、D-sub 15ピン、USB 3.0、有線LAN)
サイズ/重量 およそ幅316.0×奥行227.0×高さ15.9mm/約1060g
Office Office Home & Business 2016
センサー 指紋認証センサー
カラバリ オニキスブルー
OS Windows 10 Home(64bit)

光学ドライブ内蔵のモバイルノート新モデルも登場

dynabook RX73/Fは3モデルをラインアップ

 「dynabook RX73/F」と「dynabook RX33/F」は、光学ドライブを内蔵する13.3型モバイルノートパソコン。本体ボディーには軽量で強度にも優れるマグネシウム合金を採用。インターフェースがUSB 3.0×3、HDMI出力、D-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン出力、有線LANと豊富なのも特徴だ。

 dynabook RX73/Fは「dynabook RX73/FR」、「dynabook RX73/FP」、「dynabook RX73/FQ」3モデルをラインアップする。全機種ともディスプレーはIPS方式のノングレアで、解像度は1920×1080ドット。OSはWinodws 10 Home(64bit)を採用している。サイズはおよそ幅316.0×奥行229.0×高さ17.2~21.4mm。

 dynabook RX73/FRはCore i5-7200U(2.5GHz)、8GBメモリー、512GB SSDという構成だ。Blu-ray Discドライブを内蔵する。本体カラーはグラファイトブラックで、重さは約1.32kg。1月19日に発売予定で、想定実売価格は21万円台半ば。

 dynabook RX73/FPはCore i5-7200U(2.5GHz)、4GBメモリー、256GB SSDを採用。Blu-ray Discドライブを内蔵する。本体カラーはグラファイトブラックとプラチナホワイトの2色で、重さはグラファイトブラックが約1.32kg、プラチナホワイトが約1.35kgと異なる。1月19日に発売予定で、想定実売価格は19万円台半ば。

 dynabook RX73/FQは、Core i3-7130U(2.7GHz)、4GBメモリー、1TB HDDを搭載し、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブとなる。カラバリはプラチナホワイトで、重さは約1.44kg。1月19日に発売予定で、想定実売価格は17万円台前半。

dynabook RX72シリーズ2018年春モデルの主なスペック
機種名 dynabook RX73/FR dynabook RX73/FP dynabok RX73/FQ
CPU Core i5-7200U(2.5GHz) Core i3-7130U(2.7GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
メモリー 8GB 4GB
ストレージ 512GB SSD 256GB SSD 1TB HDD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、ノングレア、IPS
内蔵ドライブ Blu-ray Discドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b.g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0×3、HDMI出力、D-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン出力、有線LAN
サイズ およそ幅316.0×奥行229.0×高さ17.2~21.4mm
重さ 約1.32kg グラファイトブラック:約1.32kg、プラチナホワイト:約1.35kg 約1.44kg
Office Office Home & Business 2016
OS Windows 10 Home(64bit)
dynabook RX33/F

 dynabook RX33/FはCeleron 3865U(1.8GHz)、4GBメモリー、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。本体カラーはグラファイトブラックで、重さは約1.49kg。1月19日に発売予定で、価格は13万円台半ば。

dynabook RX33シリーズ2018年春モデルのスペック
機種名 dynabook RX33/F
CPU Celeron 3865U(1.8GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 610
メモリー 4GB
ストレージ 1TB HDD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0×3、HDMI出力、D-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン出力、有線LAN
サイズ/重さ およそ幅316.0×奥行229.0×高さ18.2~22.4mm/約1.49kg
Office Office Home & Business 2016
カラバリ グラファイトブラック
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

インテルバナー