このページの本文へ

上位2モデルは第8世代Coreプロセッサーを搭載

新開発スピーカーで音質強化、東芝15.6型ノートPC2018年春モデル登場

2018年01月15日 14時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
15.6型ノートパソコンの2018年春モデルが発表

 東芝クライアントソリューションは1月15日、15.6型ノートパソコンの2018年春モデル「dynabook T95/F」「dynabook T75/F」「dynabook T55/F」を発表した。

音質を強化、新開発の「2way 4speakers」を搭載

 全機種とも、新たにオンキヨーの「2way 4speakers」を搭載。従来モデルでも採用していたスピーカーを低音専用とし、新たに高音用のスピーカー(ツイーター)を追加している。また、スピーカーをできるだけ前面に配置できるように、筐体の局面にぴったり沿う形状のスピーカーボックスに変更したほか、ボックス内部の配線は従来のツイスト配線ではなくフラット配線を採用。これにより、スピーカー後部の空間を確保して、低音の音量の強化を実現したという。

 dynabook T95/FはWindows Hello対応の顔認証とタッチ式指紋認証を採用(dynabook T75/Fとdynabook T55/Fは指紋センサーのみ)。指紋認証は従来のスライド式からタッチ式に変更し、より認証が簡単になった。

上位2モデルは第8世代Coreプロセッサーを採用

 dynabook T95/FはCore i7-8550U(1.8GHz)、16GBメモリー、512GB SSDを搭載。1月19日に発売予定で、価格は25万円台後半。

 dynabook T75/FはCore i7-8550U(1.8GHz)、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。1月19日に発売予定で、想定実売価格は21万円台半ば。

 dynabook T55/FはCore i3-7130U(2.7GHz)、4GBメモリー、1TB HDDを備える。2月上旬に発売予定で、想定実売価格は17万円台後半。

 ディスプレーはIPS方式の15.6型で、解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Discドライブを内蔵する。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。サイズは、およそ幅379.0×奥行258.0×高さ23.7mmで、重さは約2.4kg。

カラバリは、dynabook T95/Fがプレシャスブラック/サテンゴールド2色、dynabook T75/Fがリュクスホワイト/プレシャスブラック/サテンゴールド/モデナレッド4色、dynabook T55/Fはリュクスホワイト/プレシャスブラック/サテンゴールド3色をラインアップする
dynabook Tシリーズ2018年春モデルの主なスペック
機種名 dynabook T95/F dynabook T75/F dynabook T55/F
CPU Core i7-8550U(1.8GHz) Core i3-7130U(2.7GHz)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620 インテル HD グラフィックス 620
メモリー 16GB 8GB 4GB
ストレージ 512GB SSD 1TB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、高輝度・高色純度・高視野角、Clear Super View液晶、IPS方式 15.6型(1920×1080ドット)、広角視野Clear Super View液晶、IPS方式
内蔵ドライブ Blu-ray Discドライブ(BDXL対応)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
主なインターフェース USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI出力(4K対応)など
サイズ/重量 およそ幅379.0×奥行258.0×高さ23.7mm/約2.4kg
Office Office Home & Business 2016 Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス
保障 2年
認証センサー 顔認証センサー、タッチ式指紋センサー 指紋センサー
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

インテルバナー