このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あの14歳の中学生がオトナになりました!川嶋麗惟が7年ぶりの作品

2017年12月29日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「ミスマガジン2010」でミスヤングマガジン賞に輝いた川嶋麗惟さんが、2nd Blu-ray&DVD「REI」(発売元:竹書房、収録時間:101分、BD:5104円、DVD:4104円)の発売記念イベントを12月24日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 ミスマガジン2010のメンバーとしてお披露目されたのは7年前。当時は最年少の14歳だった川嶋さんは、21歳の女子大生に。映像作品のリリースも7年ぶりなのだが、「グラビアをやらせていただく機会に恵まれ、ぜひやりたいと出演を決めました。ちょっと大人っぽくなったと思います」と最初に語ってくれた。

——久しぶりの作品はどんな内容ですか?

【川嶋麗惟】私が家庭教師役で、ストーリーになっています。冒頭シーンとラストがつながっていて、最後まで見てもらえるとより楽しめるかなと。9月にバリ島でロケをしました。

——お勧めのシーンは?

【川嶋麗惟】教え子(=視聴者)の妄想で、キャビンアテンダントの衣装を着たシーンとか。コスプレは初めてで楽しかったです。

——大人っぽいと思うのは?

【川嶋麗惟】夕日をバックに撮った金色の水着を着たところです。差し込む光もきれいで、美しいシーンになりました。

——近況などはいかがですか? 【川嶋麗惟】いま大学を休学中。2年生まで芸能活動しつつ大学に通っていましたが、学業を優先させてしまう自分がいて……。1年休学してお仕事に注力しています。

 10月には舞台「白と黒の同窓会〜まさかのダブルブッキング編〜」にも出演。演技もグラビアも頑張る意向だ。ミスマガジンも2018年から選考を復活させる発表があったばかり。グラビア界も活気づく中で、歴代受賞者の一人としての活躍が期待される。1月13日には撮影会も開催予定だ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社