このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

この冬の密かなブーム!? アクションカメラで静止画を撮る第2回

最強対決! GoPro「HERO 6」とソニー「RX0」の静止画画質&使い勝手を比較

2018年01月04日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 前回、GoPro「HERO 6 Black」(実売価格 5万9000円前後)とソニー「DSC-RX0」(同8万4000円前後)の概要を紹介した。今回は実際の画質および使い勝手について紹介していこう。

GoPro「HERO 6 Black」とソニー「DSC-RX0」

 まずは画質を見てみよう。感度別の撮影サンプルとHDR(ハイダイナミックレンジ)について比較してみた。

記事掲載当初、HERO 6とRX0の感度別撮影サンプルの一部で両方に同じ画像が掲載されていました。お詫びして訂正します(2018年1月5日)

HERO 6の感度別撮影サンプル

ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600 ISO 3200
ISO 1600ISO 3200

 HERO 6はノイズの処理がかなりうまく、ISO 3200になってもそれほど目立たない。

 一方でディテールへの影響は大きく、ISO 800あたりから細部の質感がなくなっている。ISO 1600とISO 3200ではかなりの差があり、ISO 1600まではそれなりに抑えられていたノイズがISO 3200で一斉に出はじめる。このあたりが処理の限界なのだろう。

 なお、動画で見る分にはそれほど細部は目立たないので、ISO 3200でも実用性がある。

HERO 6のHDR撮影サンプル

ノーマル
ノーマル
ハイダイナミックレンジ
ハイダイナミックレンジ

 次いで、HDRの画質を見てみよう。HERO 6は自然な感じで不自然さはない。HDRで撮ると若干だがノイズが出てくるが気にするほどのレベルではない。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART