このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第40回

Acrobat DCだけで使えるショートカットキーもある

ショートカットキーを覚えてAcrobat DCを効率的に操作してみた

2017年12月27日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第40回は、ショートカットキーを覚えてAcrobatを効率的に操作してみた。

 Acrobat DCでも、もちろんCtrl+Aで全部選択したり、Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼り付けといったショートカットキーは利用できる。いちいち、右クリックメニューから選択するよりもずっと早いので、皆さん活用していることだろう。

標準的に使えるショートカットキーの例

  Windows
Mac
メニューにフォーカスを移動する(展開する) F10 Control+F2
開いている次の文書タブに移動 Ctrl+Tab Control+Tab
開いている前の文書タブに移動 Ctrl+Shift+Tab Control+Shift+Tab
現在の文書を閉じる Ctrl+F4 Command+F4
すべての開いている文書を閉じる なし(Ctrl+Wは現在の文書を閉じる) Command+Option+W
次の注釈やリンク、フォームにフォーカスを移動 Tab Tab
コンテキスト(右クリック)メニューを開く Shift+F10 Control+クリック
タブ付きダイアログボックスで次のタブにフォーカスを移動 Ctrl+Tab なし
テキストの選択(選択ツールが選択されている場合) Shift+矢印キー Shift+矢印キー

 この一般的なショートカットキーとは別に、Acrobat DCで有効なショートカットキーも用意されている。たとえば「Shift+Ctrl+T」キーでは空白ページを挿入でき、「Ctrl+Shift+D」キーではページを削除できる。メニューを表示したときに、項目名の横にショートカットキーが表示されているので、よく使う項目なら覚えておくといい。

右クリックメニューから「ページを挿入」→「新規空白ページ」で空白ページを追加できるが、「Shift+Ctrl+T」キーでもいい
ページの削除は「Ctrl+Shift+D」キー。メニューに表示されているので、わかりやすい

Acrobat DCで使えるショートカットキーの例

  Windows
Mac
一時的にズームインツールを選択 Ctrl+スペースバー スペースバー+Command
空白ページを挿入ツール Shift+Ctrl+T Shift+Command+T
ファイルの挿入 Ctrl+Shift+I Shift+Command+I
ページの削除 Ctrl+Shift+D Shift+Command+D
前の画面 Page Up/Shift+Enter Page Up/Shift+Return
次の画面 Page Down/Enter Page Down/Return
最初のページ Home/Shift+Ctrl+Page Up Home/Shift+Command+上向き矢印
最後のページ End/Shift+Ctrl+Page Down End/Shift+Command+下向き矢印
前のページ 左向き矢印または Ctrl+Page Up 左向き矢印または Command+Page Up
次のページ 右向き矢印または Ctrl+Page Down 右向き矢印または Command+Page Down
縮小表示 Ctrl+等号 Command+等号
拡大表示 Ctrl+ハイフン Command+ハイフン

 さらに、Acrobat DCには単一のショートカットキーというものも用意されている。初期設定では無効になっているのだが、「環境設定」画面の「一般」から「単一のショートカットキーでツールを使用可能にする」にチェックし、「OK」をクリックすれば有効になる。

 この状態で、PDF文書を開いてみよう。矢印アイコンの「テキストと画像の選択ツール」をクリックすると、アイコンが矢印になる。拡大表示している文書をドラッグしながら閲覧したい時などは、手のアイコンの「手のひらツール」をクリックする。この切り替えを、手のひらツールなら「H」キー、選択ツールなら「V」キーを押すだけで切り替えられるのだ。選択ツールを選んでいる状態で、一時的に手のひらツールにして移動し、離したら元に戻りたいなら、スペースキーを押したままドラッグすればいい。

 このように、単一ショートカットキーは知っていれば、劇的に操作が快適になる。とはいえ、たくさんあるので全部覚えるのも無理。自分の使い方で、頻繁に行なう操作を置き換えられないか、探してみることをオススメする。

「編集」から「環境設定」を開き、「単一のショートカットキーでツールを使用可能にする」にチェックする
「V」キーと「H」キーで選択ツールと手のひらツールを切り替えられる

単一ショートカットキーの例

  Windows
Mac
手のひらツール H H
一時的に手のひらツールを選択 スペースキー スペースキー
選択ツール V V
マーキーズームツール Z Z
マーキーズーム時に一時的にズームアウト Ctrl Option
ズームツールの切り替え Shift+Z Shift+Z
一時的にズームインツールを選択 Ctrl+スペースキー スペースキー+Command
オブジェクト選択ツール R R
オブジェクトを編集ツール O O
フォーム編集の開始/終了 A A
トリミングツール C C
リンクツール L L
テキストフィールドツール F F
文書テキストを編集ツール T T
墨消し Shift+Y Shift+Y
ノート注釈ツール S S
テキスト注釈ツール E E
スタンプツール K K
現在のハイライトツール U U
ハイライトツールの切り替え Shift+U Shift+U
現在の描画マークアップツール D D
描画マークアップツールの切り替え Shift+D Shift+D
雲型ツール Q Q
テキストボックスツール X X
注釈のリストで、フォーカスのある注釈に返信 R R

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事