このページの本文へ

BB-8を修理するVRゲームも体験可能! 期間は12月22日から29日まで

日テレで「衝撃のスター・ウォーズ展」、グッズ化希望な作品多すぎ

2017年12月21日 20時15分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
12月22日から29日まで、汐留の日本テレビで入場料無料の「衝撃のスター・ウォーズ展」が開催

 12月15日に公開された「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」。劇場公開に合わせて、12月22日から29日まで、汐留の日本テレビで入場料無料の「衝撃のスター・ウォーズ展」が開催される。開催日前日の12月21日に、メディア向けの内覧会が実施された。

ストームトルーパーとカイロ・レンが出迎え!

メディア向け内覧会では、会場をカイロ・レンとストームトルーパーが警備していた

 メディア向け内覧会では特別に、展示会場をカイロ・レンとストームトルーパーが警備していた。何かと荷物が多いメディア陣だったので、展示物にぶつからないようしっかりと目を光らせていた。ちなみに、「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」のネタバレになるような展示物は特になかったが、関連の展示はあるので、本作の知識をまったく入れずに映画を楽しみたいという人は、劇場で鑑賞したあとに足を運んだ方がいいだろう。

レゴ認定プロビルダーの三井 淳平氏の作品をストームトルーパーが警備
リュックが当たってしまったら一番大惨事になりそうな、陶芸家の青木 良太氏の作品「新たなるストームトルーパーたち」などをカイロ・レンがしっかり警備

 入口から入ってすぐの場所には、「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」のポスターと登場人物紹介が。レイア姫単体のポスターを観てグッとくるものがあった。奥へ進むと、カイロ・レンの専用機「タイ・サイレンサー」が展示されていた。また、劇中に登場するストームトルーパー、キャプテン・ファズマ、カイロ・レン、プレトリアンガードの等身大フィギュアも展示してあった。

入口の前には歴代ポスターとスター・ウォーズ年表が
「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」のポスターがズラリ
「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」のストーリーの中心であるルーク・スカイウォーカー、レイ、カイロ・レンのポスター
レイア姫(レイア・オーガナ将軍)とフィンのポスター
「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」の登場人物紹介
カイロ・レンの専用機「タイ・サイレンサー」
プレトリアンガード、カイロ・レン、キャプテン・ファズマ、ストームトルーパーの等身大フィギュア

日本のアーティストの作品がたくさん!

「僕のヒーローアカデミア」の堀越 耕平氏の書き下ろしポスター

 展示会場には、「僕のヒーローアカデミア」の堀越 耕平氏をはじめとする日本の漫画家やイラストレーターのほか、陶芸家や刀匠、将棋駒師といった多ジャンルのアーティストの作品が展示してある。正直、販売されていたら全部ほしい! と思える作品ばかり。特にコラージュ・アーティストの河村 康輔氏が手掛けた作品は、本気で商品化してほしいと思うくらいカッコイイ作品だった。

イラストレーターのMika Pikazo氏の作品
イラストレーター・漫画家のloundraw氏の作品。全部スマホの壁紙にしたい……
武人画家のこうじょう雅之氏の作品。カッコイイ!!
国際デザイン・ビューティカレッジ グラフィックデザイン科の学生さんが作成した作品3枚も展示
コラージュ・アーティスト グラフィック・デザイナーの河村 康輔氏の作品。家に飾りたい!!
様々な物が組み合わさって、ストームトルーパーに
スター・ウォーズのキャラクターや戦闘機がデザインされた将棋の駒
刀匠の二十五代藤原兼房氏、二十六代藤原兼房氏の作品「来人勢刃(ライトセーバー)
郷土玩具職人の中島 八依氏の「加賀八幡起上り」(写真中央)と伊波彫刻師の鳥越 和馬氏の作品(写真右)
イラストレーターの長場 雄氏の作品
ニッポン画家の山本 太郎氏の「レイ肖像」

BB-8を修理するVRゲームはプレー必須!

「Star Wars: Droid Repair Bay」が体験できる

 そしてぜひ体験してもらいたいのが、VRゲーム「Star Wars: Droid Repair Bay」。プレーヤーはコントローラーを操作し、故障したBB-8などのドロイド達を修理することになる。

 修理を終えると動作テストを実施するのだが、コントローラーから出るレーザーに向かってBB-8がついてくるので、操作して目的の箇所に誘導するのだが、目の前まで来て自分を見上げるBB-8の姿はめちゃくちゃかわいい。VRで「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」の世界に浸れるので、スター・ウォーズファンにはたまらないVRゲームだと思う。

Galaxy Gear VRで体験できる

種類多数! 最後にスタンプを押して帰ろう

スタンプを押して帰ろう!

 最後には、アーティストのSHETA氏と絵描きの横山 寛多氏のスタンプ・ワークショップ「STARS by STAMP」がある。専用の紙が置いてあり、多数あるデザインの中から好きなスタンプをチョイスして押せるので、展示を見終わったら寄ってみてほしい。また、展示会場の外には、グッズ販売コーナーもある。

可愛いデザインがたくさん!
専用の紙が置いてあるので、好みのスタンプを押そう

 入場料無料なのに見ごたえ抜群な「衝撃のスター・ウォーズ展」。展示期間は12月29日までなので、ぜひ足を運んでみてほしい。

衝撃のスター・ウォーズ展
期間:12月22日~29日
開催時間:11時~19時
会場:汐留・日本テレビ 2階日テレホール(東京都港区東新橋1丁目6-1)
最寄り駅:JR/都営浅草線/都営メトロ銀座線「新橋駅」、都営大江戸線「汐留駅」
入場料:無料
主催:日本テレビ
協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン

スター・ウォーズ /最後のジェダイ
12月15日全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社