このページの本文へ

深刻化するアドフラウド(広告詐欺)対策の新手法「ads.txt」とは?

2017年12月20日 16時36分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ボットによるクリックといった広告成果の水増しや、ディスプレイ広告でインプレッションを不正に発生させ広告費をだまし取る行為「アドフラウド」への有効な一手、ads.txtを解説します。

プログラマティック取引界隈では「枠から人へ」のシフトが進んでいますが、そのため「どんな媒体に出ているのか」という観点が薄くなり、不透明化が進んでいます。それを利用した偽装広告枠やボットによる閲覧、クリックをすることで広告費用を盗んでいくアドフラウド(広告詐欺)が、深刻な問題となっています。今回はそんな「アドフラウド」と対抗策「ads.txt」について解説します。

世界中の広告業界で深刻化しているアドフラウド(不正広告)問題

ads.txtとは

IABの研究・開発組織IAB Tech Labは2017年5月、プログラマティック広告取引市場で深刻な問題となっているアドフラウド対策のための有効な一手として、「偽造広告枠や不正インプレッション販売を防止するためのツール」を発表しました。それがads.txt(アズテキスト)です。

枠ではなく人をターゲティングして、タイミングや表示回数までもコントロールできたりとアドテクノロジーの進化が目覚ましいインターネット広告業界ですが、「不正広告」「広告詐欺」と訳される、アドフラウドと呼ばれる深刻な問題が発生しています。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く